1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 5月の草花>
  4. スイカズラ
【科名】
スイカズラ科
【和名・別名】
別名/ニントウ、キンギンカ(金銀花)Lonicera japonica
【撮影日時】
2015年5月6日(水)/11時41分〜13時58分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市十三番県道沿い、住吉能野道沿い
【名前の由来】
***
【コメント】
道路沿いの木に絡んで咲いていたり、たまに土手にも伸びて咲いたりします。スイカズラが各地で、咲き乱れてきました。花に近づと、とても甘い香りが周辺に漂っています。自然の香水です。
花弁は白と黄色の2種類咲いています。最初は白い花びらですが、次第に黄色に変色していきます。
スイカズラが咲くと、種子島も暖かい季節になってきます。しばらく甘い香りが楽しめます。
スイカズラ

スイカズラは常緑のツル植物で、山間部の道沿いや林の縁など、やや湿り気のある場所に生えて甘い香りを漂わせています。

スイカズラ花

全般的に先端部は、つぼみの状態がほとんどです。気温の上昇とともに、白い花を開花させます。

スイカズラ花

スイカズラの花びらを写したものです。全般的に上を向いて咲いています。また、上方の花びらは、三裂しています。やがて、白から金色に変色していくのです。

スイカズラ群生

ほかの樹木や枯れた木に絡みつき花を多数咲かせます。花は、唇形で上唇は浅く三裂しています。

スイカズラ群生

スイカズラの花の咲き乱れた様子に思わず感動します。白と黄色の花びらが入り混じり素晴らしい光景を楽しめます。

2013.12.21〜