中種子町立岩岡小学校「ウミガメ放流」

ふるさと種子島 > 中種子町の旅行・観光情報(学校の案内) > 岩岡小学校「ウミガメ放流」

種子島で一番長い砂浜で放流

中種子町立岩岡小学校では、毎年8月に「ウミガメ放流」を行なっています。30年以上も前から行なっている伝統行事になっています。平成20年8月21日、夏休みの出校日に近くの長浜海岸で、児童23名によりウミガメ220匹が放流されました。今年はふ化が遅く、予定の8月1日に間に合わなくて21日になったとのこと。

岩岡小学校は、東シナ海に面し中種子町屋久津の県道588号線から少し東に入り込んだ位置にあります。児童は27名で、そのうち4名は留学生です。また、文化面では合唱団もあり、「コールいわおか」のネームで活動しています。長浜海岸は、種子島で一番長い砂浜で約12キロあり、屋久津は長浜海岸の最南端に位置しています。平成20年は、約110頭のウミガメが長浜海岸に上陸しています。

ウミガメの採卵は、5月27日に76個、6月5日に103個、6月11日に155個の合計334個をふ化させています。8月6日〜1、8月7日〜1、8月8日〜1、そして、8月9日〜72、8月10日〜30、8月13日〜13、8月14日〜90、8月15日〜16、8月16日〜2で、ふ化率は71%です。授業を終えたあと、ウミガメの入ったタライを軽トラックで海岸まで運び、子供達は集合し、先生の説明のあと歩いて海岸まで行きました。夏休み期間中、教頭先生は、ウミガメの世話をし、えさをやったり、水変えなどを行ない今日に至っています。大事に育ててきたので、「娘を嫁にやるような気分」と笑いながら話していました。

「一目ウミガメを見たい」との連絡もあり、学校外の方もいまして、本物のウミガメを見て感激していました。「ウミガメ放流」については、中種子町立岩岡小学校(0997-27-9501)へお問い合わせてください。学校外の方も見ることができます。

育てたウミガメ ウミガメとのお別れ ふ化場
育てたウミガメ ウミガメとのお別れ ふ化場
ウミガメは四つのタライに分けています。体長は約10センチです。種類はアカウミガメです。オス、メスの区別は、よく見ても分かりません。 ウミガメの入ったタライを軽トラックに載せ、子供達が見ているところです。右は、この日まで大事に育ててきた教頭先生です。 学校の東側に2メートル四方のふ化場を作っています。ウミガメは、一回に100〜150個の卵を産み、60日でふ化するとの説明が記入してあります。
ウミガメの記録 校長先生のお話 ウミガメのお話
ウミガメの記録 校長先生のお話 ウミガメのお話
写真は、廊下にある黒板で、ウミガメのふ化状況を記録しています。8月6〜16日の10日間にふ化しています。 ウミガメを放流する長浜海岸です。校長先生が、ウミガメのふ化状況など子供たちに説明していました。 担当の先生が、ウミガメについて説明しているところです。ウミガメは卵を産んだところに再び大きくなったら産卵に来ることを説明していました。
お別れの記念写真! ウミガメを持って 一回目の放流!
お別れの記念写真! ウミガメを持って 一回目の放流!
放流する前に、記念撮影です。今回23名の児童が参加しています。留学生4人がいますが、後日留学生には放流させると話していました。 子供たちがウミガメを持って放流しようとしています。お互い見比べているところです。ふ化して間もないので、優しく持ってあげないとやわらかいのです。 最初のウミガメ放流です。写真左が海です。カメを入れたタライですが、海岸において置くと、不思議に海のほうを向いてしまいます。
二回目の放流! 海に向う 放流が終って
二回目の放流! 海に向う 放流が終って
二回目の放流です。ヨチヨチ歩いていますが、時折波が来て一気に海へ流されていきます。 海に向って進むウミガメです。慣れない歩きですが、波が来ると転んだり、流されたりして母なる海へ帰っていきました。 写真は、220匹のウミガメを全て放流し終えたところです。しばらく海を見つめていました。放流したウミガメは大きくなったら、きっとこの海岸に帰ってくるよ。
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町岩岡小学校&長浜海岸
【撮影日】
2008年8月21日/10時21分〜11時30分(写真情報 9.44〜18.9KB/E-510)