ふるさと種子島 > 中種子町の旅行・観光情報(学校活動) > 増田小学校防災出前講座「自然災害から子どもたちを守るために」

逃げることも大事なことを学ぶ...

平成28年6月21日(火)、中種子町立増田小学校で、防災出前講座「自然災害から子どもたちを守るために」と題して、鹿児島県防災研修センター地域防災アドバイザー村野 剛氏の講話がありました。

増田小学校は、中種子町の北東部にあり、太平洋に面しており、中種子町役場から約6キロメートルのところに位置しています。明治12年、増田簡易小学校として創立しています。

「進んで学ぶ子・やさしい子・たくましい子」を校訓に掲げ、「自ら学び、思いやりの心をもち、心身共にたくましい子どもを育成する」ことを教育目標にしています。

今回、中種子町での講話は初めてとのことでした。その出前防災講座の模様を写真と動画で掲載しています。

なお、防災出前講座及び学校については、中種子町立増田小学校(0997-27-0251)へお問い合わせてください。

増田小学校第1回学校保健委員会

増田小学校第1回学校保健委員会です。5・6年生と保護者が参加しています。「自然災害から子どもたちを守るために」と題して出前講座が行われました。

講師は、鹿児島県防災研修センター地域防災アドバイザー村野 剛氏です。村野氏は、現在、垂水市地域包括支援センターに勤務し、各地で防災講座などを行っています。

防災講座

防災講座は、地震、津波時の防災対応、携帯電話の防災アプリ、災害時の非常持ち出し、身近なものでの防災グッズなど幅広く講話してくれました。

家庭用のゴミ袋を利用した、簡易雨合羽です。首、手首が出せる穴を開ければ簡単に作れるグッズです。そのほか、乾電池の工夫、ライトアップの工夫など紹介してくれました。

災害法の改正

村野氏によると、災害法が改正され、必要な食料などは、自ら普段から常備することが明確になっているといいます。

降雨体験ビデオ

このスライドは、降雨体験ビデオです。時間雨量180ミリのものです。ワイパーは全く効果がなく、フロントガラスは、真っ白で圧迫される感じだという。

土石流ビデオ

平成27年7月28日、鹿児島県垂水市深港川上流での土石流の流れ出るビデオです。

種子島東方沖地震のシュミレーション

南海トラフ地震では、種子島で震度6弱程度が発生するという。家屋は30パーセントが全壊し、半壊は多数、津波は21分で種子島に到着、高さは、約9メートルというシュミレーションです。

ゴミ袋を使った防災グッズ
災害はあるものとして対応すること

今やどこの地域でも安全な場所はないとのこと。災害はあるものとして、普段から意識して生活することが重要だと。また、災害のないときに、自然の恵みはたくさん楽しむことも大事だと。

村野剛氏

学校外での災害時に、どのような経路で避難するか、家の周りに危険個所などはないか、普段から家族で話し合っておくことが大事だと話していました。

今日からできる防災対策

普段から家族で防災について話し合い、いざという災害に備えることが大事なこと、そして、近所、地域との情報共有することは大切なことなど話されました。

※ 2016年6月21日、種子島の中種子町立増田小学校で行われた防災出前講座「自然災害から子どもたちを守るために」と題して、鹿児島県防災研修センター地域防災アドバイザー村野 剛氏による講座を紹介しています。この動画の中には、スライドによる防災講座、防災グッズの紹介、参加保護者の感想などを収録しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島の学校活動:増田小学校防災出前講座「自然災害から子どもたちを守るために」

 
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町立増田小学校
【撮影日時】
2016年6月21日(火)/14時35分〜16時07分
2016.6.22〜