1. ふるさと種子島>
  2. 西之表市の旅行・観光情報>
  3. 種子島宇宙芸術祭種子島大学ペーパーフラワー先生

ガーベラの花作り

街角インフォメーションセンター

街角インフォメーションセンター

平成29年9月10日(日)、西之表市商店街街角インフォメーションセンターで、誰もが先生、誰もが生徒!100人先生in種子島大学宮路慶子さんによるペーパーフラワー先生が行われました。

この日、10組の生徒が集まり、ガーベラの花作りに取り組みました。

写真一枚目は、街角インフォメーションセンター入口です。センター内には、高井進先生の陶磁器作品、宮路慶子先生のペーパーフラワーなども展示されています。午後からは、ハーモニカ先生も実施されます。

写真二枚目は、宮路慶子先生の作品です。「50歳のころから初めて、もう20年以上になります」と話していました。出来上がった時の感動が楽しみですとも話されていました。

宮路先生の作品

宮路先生の作品

はさみで切る作業

はさみで切る作業

写真三枚目は、はさみで切る作業です。花の中心部を作るために黄色と赤の神をはさみで切ります。

今回は、ガーベラ作りに挑戦します。花を咲かせたものとつぼみのものの2本を作り葉をつけて鉢に飾ります。これを2時間で製作します。

フラワー作り

フラワー作り

先生の指導

先生の指導

写真五枚目は、分からない点があると、先生が教えてくれたり、手助けをしてくれます。手の細かい作業が続きます。

写真六枚目は、花の中心部を作る作業です。切った紙を丸めていきます。最後はワイヤーで縛りつけます。 

花の中心部を作る作業

花の中心部を作る作業

紙を巻く作業

紙を巻く作業

花の中心部を作っている状況です。ボンドをつけた紙を巻いています。この時、紙の下部分(顎になる部分)をきちんとそろえることがポイントです。写真七枚目です。 

紙を切ったり、ボンドをつけたり、紙を巻いたりする作業が続きます。写真八枚目です。

会場の様子

会場の様子

花びら部分を巻く作業

花びら部分を巻く作業

中心部が出来上がると花びら部分を巻きます。巻き終るとワイヤーで縛ります。写真九枚目です。

写真十枚目は、花の柄を作る作業です。ワイヤーにボンドをつけたティッシュを5ミリくらいまで巻きつけます。そのあと、緑のテープで仕上げます。

花の柄を作る作業

花の柄を作る作業

花の葉を作る作業

花の葉を作る作業

花作りが終わると、葉を作ります。葉の形をした紙の中央にボンドをつけ、ワイヤーをつけます、約5センチワイヤーを残し、葉に脈をつけ折り込みヘラで脈を作ります。

完成したガーベラ

完成したガーベラ

写真十二枚目は、完成したガーベラです。1人だけ完成しました。よく出来上がっていました。「自分なりの花ができてうれしい」と話されていました。

種子島宇宙芸術祭に関する詳しいことについては、種子島宇宙芸術芸術祭事務局(南種子商工会)(0997-26-0140)へお問い合わせてください。

※ 平成29年9月2日(土)、西之表市西町街角インフォメーションセンターで行われた種子島宇宙芸術祭種子島大学ペーパーフラワー先生で、宮路慶子さんによるガーベラのペーパーフラワー作りの模様、参加者の感想などを紹介しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島宇宙芸術祭種子島大学ペーパーフラワー先生ガーベラ作り

【撮影場所】
鹿児島県西之表市西町街角インフォメーションセンター
【撮影日時】
2017年9月10日(日)/9時26分〜12時05分
2017.9.11〜