移住紀念碑

移住記念に関する碑

移住紀念碑
【撮影場所】
鹿児島県西之表市安城大野公民館
【撮影日時】
2007年12月16日/11時04分

ここは西之表市安城大野地域です。県道76号線沿いに大野公民館があり、県道側に移住記念碑が建てられています。その記念碑には、次のような碑文が刻まれています。

碑文
移住紀念碑
当部落は以前より僅かの人々により農耕されていたたまたま甑島が三ヵ年に及ぶ風水害の大災のためこの地に八世帯移住するに至った以来八十餘年今や大部落として繁栄し住民等しく平和に安ずるはこれ全く移住者達の不?不屈の開拓者精神のたまものである時恰も明治百年を迎へるに当り紀念碑を建立し以て永く故人の労苦をしのぶよすかとせんとする
明治十九年四月薩摩郡下甑島村手打出身
江口カメ 松田民之助 松田次郎助 森七郎
橋口キクヨ 吉永市兵衛 森精次
同年 植村新蔵 同郡中甑島村出身
大正十年川辺郡勝目村出身
原田与次郎
昭和二年指宿郡柿田村出身
上敷領熊市
   昭和四十三年 秋
      移住者子孫建立
      撰文併書佐藤故順

碑文は以上です。?は不明文字です。一部現代文字へ変換しています。なお、読み違いがあるかもしれません。

県道75号線大野公民館前通り

県道75号線大野公民館前通りです。移住記念碑は、写真左に建立されています。↑立山・中種子、↓現和・西之表・国上です。

移住記念碑の表面

移住記念碑の表面の碑文です。

移住記念碑の裏面の碑文

移住記念碑の裏面の碑文です。色あせてやや読みにくくなっています。

2014.3.7〜