介抱之家

米国商船カシミヤ号遭難に関する碑

介抱之家
【撮影場所】
鹿児島県西之表市伊関浜脇漁港付近
【撮影日時】
2006年10月7日/10時45分

 明治十八年に米国商船カシミヤ号が遭難したとき、西之表市伊関の海岸に乗組員が漂着しています。漂着した乗組員を手厚く介抱した家の入口に記念碑が建てられています。碑文には次のように刻まれています。

 カシミヤ号
遭難漂着5名
介抱之家
当時の鎌倉平兵衛氏宅
昭和56年9月20日 伊関校区民一同

 碑文は以上です。内容については、省略させていただきました。なお、読み違いがあるかもしれません。

2014.3.1〜