賢母遺蹟碑

ふるさと種子島 > 種子島の記念碑 > 西之表市の記念碑 > 賢母遺蹟碑

古田御前に関する碑

賢母遺蹟碑
【撮影場所】
鹿児島県西之表市古田西之表市立古田小学校
【撮影日時】
2006年10月7日/12時29分

 この記念碑は、西之表市立古田小学校の校庭の県道側に建てられています。その記念碑には次のように刻まれています。

 碑文
 賢母遺蹟碑   従五位男爵種子島守時?額
我種子島氏自封干南海十二島?承世多名公功徳赫々照燿史冊而?従征戦揚威波外者實為十六世曰恕公曰恕公之武勇雖云天資亦有所由来者相傳曰恕公之考曰騰公賞?于国上村渇甚入人家求飲有女載一茶碗於鍋蓋而進焉初微温次稍熱次太熱以適于口曰騰公奇之納為側室實家臣黒木道純女是為曰恕公生母曰恕公??為母氏?育時?亀天正之際群雄並越海内?沸而種子島氏猶領数島?然為南海一諸偉黒木氏心?以謂公為将家之種名門之子天下方?豈無用武中原之曰若成長於深宮婦人之手疲茶?弱不堪艱苦則敗?踵至不?貽辱殳祖也及相地?古田築第従居馬古田在治城之南三里地僻境幽山深?遊我郷地暖民不知寒而獨此地氷霜凍結寒風凛冽黒木氏?興夜寝教子甚厳立木?庭上毎?使曰恕公従?学?難嚴寒不変曰恕公固天資英邁克服其教及長英姿諷爽武勇絶倫有古名将之風年十六出猟搏猪若冠轉戦九州威名風著之?従韓之役?兵航海者四韓地寒甚将土苦凍徃々有堕指裂膚者曰恕公獨堪艱苦居之晏如南海之戦最力曰恕公被数創不屈立虜箭雨注中指揮士卒業銃連業敵艦避易僕有興太兵?者挺身登敵艦揚笠代馬?而冒曰恕公名大呼先登衆来勝進撃獲敵艦一隻我軍大捷此役銃隊之功為最大先是曰勝公獲銃??人傳其製法是為本邦火器之始而用之戦陣耀武海外者實始于曰恕公則曰恕公之盛功偉烈雖出于天資而亦未賞不由于及丈之貽謀興母氏之嚴訓也曰勝公諱時尭以製鉄之功叙従三位下任左近将監曰恕公其二子以長子時次早世故嗣家諱久時称左近太夫曰勝曰恕並為法號黒木氏以天正十七年八月五日卒于古田享年四十二世称古田夫人其遷居教子者?師孟母之意云當時第址今為??而古井猶?于荒畑蔓?間里人慨名君賢母之遺蹟荒廃興曰忘謀捐金買地築屋其中以設義学建石以紀其事使彦作文彦當肩小銃猟于古田山途過此地拝賢母景観?謂第址者業竹環生???植門?庭園歴々可尋彦伏念曰恕公少時展霜学?之跡消?參?菜?中慨然不能去者久之困窮謂方今列国耀武争非之天之際可比而士民?従征戦令曰為甚則艱難玉成以報君国非所以教子之道乎鳴呼如黒木氏之?曰恕公女以乖埀範?後世也今聞?挙?嘉里人有甘棠勿伐之風故系敢?謹叙其事以?後人
?臣  西村時彦 謹撰     子島時世 謹書

 碑文は以上です。文章の中で、?は読めない字、或いは変換不能の字です。また、刻まれている文字を誤って読み違えているかもしれません。