ふるさと種子島 > 故郷の川(種子島の川) > 大浦川

川沿いにはメヒルギが多く自生

南種子町平山にある大浦川です。川の全長は約6.5キロで、支流は三つに分かれています。河口は熊野浦に面しています。

大浦川は平山の浜田、仲之町、西之町、水牛集落を流れています。川沿いには水田も多数あり、護岸工事をしている部分もあります。夏には、シーカヤックの場所として、楽しめる川でもあります。

松寿院が塩田開発や大浦川の改修工事をしたことやメヒルギがたくさん自生している川として有名です。

写真は、大浦川の河口付近です。見えている左の橋は「第二吉助橋」、洞穴部分の橋は「吉助橋」です。付近の岩屋は崩落している部分もあります。

大浦川

ここは、長谷大浦線に架かっている大浦橋の上から上流側を写したものです。川沿いには、メヒルギが多く自生しています。

大浦川

写真の場所は、河口から直線距離で、約1.2キロの地点、長谷大浦線に架かっている大浦橋の上から下流側を写したものです。付近一帯、自然を楽しめるように、工事が行われています。

長谷大浦線沿いの支流

写真は、長谷大浦線沿いの支流です。根一山のふもとに最上流があります。

豊受水神の石碑

写真は、平山西之町県道75号線に架かっている高月橋の下流側にある豊受水神の石碑です。

大浦川
南種子町と中種子町との境界にある県道75号線に架かっている吉助橋と第二吉助橋

南種子町と中種子町との境界にある県道75号線に架かっている手前が「吉助橋」、その先が「第二吉助橋」です。右には、大浦川に関する記念碑や水神の石碑が設置されています。

大浦川

潮が引いていない時の大浦川です。写真中央です。S字に蛇行しています。川沿いには、多くのメヒルギが自生しています。その景色が美しいですよ。

2014.12.28〜