ふるさと種子島 > 故郷の川(種子島の川) > 大川田川

カシミヤ橋のある川

西之表市安城大野にある大川田川です。川の全長は、約9キロと推定されます。大川田川は、大小の支流がありますが、その中でも大きな支流は、安城高山付近にあります。

最上流は安城十五番の東側付近です。河口から最上流まで川全体が種子島で一番きれいな川です。

河口付近と上流付近に水田がありますが、それ以外は雑木林か杉林です。川の流域は自然いっぱいの川です。

夏には多くの人が、ダクマ(テナガエビ)取りなどの川遊びにやってきます。

大川田川の河口付近に架かっているカシミヤ橋です。平成18年3月に完成し、橋を見る観光客も多い場所になっています。写真右が太平洋に面した河口です。

大川田川の上流に架かっている鍋割橋

大川田川の上流に架かっている鍋割橋です。← 安城・立山、↑万波・生姜山、↓二本松・古田・安城です。写真右が上流側です。

鍋割橋の少し下流にある堰

鍋割橋の少し下流にある堰です。上水道や農業用水に利用されています。また、200メートル先の上流で、屋久川への支流に分流しています。

大川田川

川沿いには、絶滅危惧に指定されているヤクタネゴヨウも見ることができます。この先左に見えています。なお、この上流側にもあります。

水力発電用のダム

大川田川の豊富な水量を活用し、昭和35年ごろ水力発電も行われてきました。その水力発電用のダムが写真のものです。

大川田川
カシミヤ橋

河口付近に架かっているカシミヤ橋です。平成18年3月に完成しています。橋の高さは、およそ50メートルです。

河口付近の川

写真は、河口付近の川の様子です。この付近は、比較的穏やかな流れになっています。ここから上流におよそ1.5キロの場所に水力発電所跡地があります。

2015.1.27〜