1. ふるさと種子島>
  2. 種子島の川>
  3. 大川田川

かつては水力発電所もあった川

大川田川に架かっているカシミヤ橋の風景画像

大川田川の河口付近に架かっているカシミヤ橋です。平成18年3月に完成し、橋を見る観光客も多い場所になっています。写真右が太平洋に面した河口です。橋の高さは、およそ50メートルです。

西之表市安城大野にある大川田川です。川の全長は、約9キロと推定されます。大川田川は、大小の支流がありますが、その中でも大きな支流は、安城高山付近にあります。

最上流は安城十五番の東側付近です。河口から最上流まで川全体が種子島で一番きれいな川です。

河口付近と上流付近に水田がありますが、それ以外は雑木林か杉林です。川の流域は自然いっぱいの川です。夏には多くの人が、ダクマ(テナガエビ)取りなどの川遊びにやってきます。

太平洋に面した河口付近

太平洋に面した河口付近です。この周辺には、大小の石が多数あります。夏には海岸で遊ぶ人もいます。写真右方向が立山です。

大川田川河口

川岸には、多くの瀬もあります。また、深みもあります。川の中には、多くのハゼ類もいます。

カシミヤ橋の真下付近

カシミヤ橋の真下付近です。川は浅くて、大小の石が多くあります。流れはやや速くなっています。また、橋付近まで車で来ることができます。途中、草が生えていますので、ご注意ください。

大川田川

旧県道75号線に架かっている橋の上から上流側を撮影したものです。

水力発電を行っていた建屋があったポイント

かつて、水力発電を行っていた建屋があったポイントです。コンクリートの残骸が今でも残っています。

水力発電用のダム

大川田川の豊富な水量を活用し、昭和35年ごろ水力発電も行われてきました。その水力発電用のダムが写真のものです。右に導水路が今でも残っています。

大川田川のヤクタネゴヨウ

川沿いには、絶滅危惧に指定されているヤクタネゴヨウも見ることができます。この先左に見えています。この周辺には、数本あって、遊歩道も整備されています。

大川田川の深みのある清流ポイント

やや深みのある清流ポイントです。長閑な静けさがたまりません。こういう場所に、ダクマがごろごろいますよ。

大川田川の川岸にそびえるクタネゴヨウ

写真中央に、川岸にそびえるクタネゴヨウです。全体で見れるポイントです。平成16年11月20日に紹介していました。このヤクタネゴヨウが一番素晴らしいです。

鍋割橋の少し上流の状況

こちらは、鍋割橋の少し上流の状況です。最上流は15番付近にあります。

屋久川の最上流

こちらは、屋久川の最上流の状況です。写真右に市道があり、その周辺は水田になっています。

【撮影場所】
鹿児島県西之表市古田屋久川、鍋割、安城林道、大川田川
【撮影日時】
2017年7月23日(日)/11時48分〜13時10分
2015.1.21〜