ふるさと種子島 > 西之表市の旅行・観光情報(学校活動・その他) > 現和小学校安納芋の苗植え付け体験

芋の苗の植え付けを学ぶ...

平成28年6月10日(金)、西之表市立現和小学校で、学校花壇に安納芋の苗を植え付ける体験作業を行いました。

今や安納芋は、種子島を代表する特産物として、全国に知れ渡っているものです。その有名になった安納芋を植え付ける貴重な体験をしました。

現和小学校は、西之表市の現和地区にあります。「やさしく」、「かしこく」、「たくましく」を校訓に掲げ、豊かな心を持ち、創造的で、主体的に行動できる子どもの育成を図ることを目標にしています。

潮騒留学&特認通学制度も行っており、現在、潮騒留学生2名、特認通学生4名、6学級51名の児童数です。アットホームで少人数指導が魅力の学校で、潮騒留学及び特認通学生も募集しています。

今回、安納芋の植え付け体験作業の模様を写真と動画で掲載しています。

なお、芋植え付け及び潮騒留学制度などの詳しいことは、西之表市立現和小学校(0997-25-0003)へお問い合わせてください。

植え付けの説明

芋の植え付け作業は、校舎東側の花壇で行います。写真は、講師の平園さんです。芋の上手な植え付けを見本を手にして子供たちに教えました。

こちらは、3・4年生の花壇です。2列になって、安納芋を植え付けました。

畝を作る作業

花壇を整地して、芋が植えられるように畝を作ります。その作業を行っているものです。保護者も補助として参加しています。

5・6年生による植え付け

こちらは、5・6年生の花壇です。安納芋を植え付けました。

芋の植え付け

芋の植え付けは、根を横に挿すことです。植えた後、しっかり、空気を抜くことも必要です。

安納芋の苗植え付け
植え付けられた安納紅の苗

安納紅の苗です。熊毛支場から入手したもので、バイオ苗の純粋な安納芋です。花壇で栽培するので、常に子供たちはその成長を身近に観察できますね。

校長先生のお話し

植え付け作業も短時間で終わりました。最後は、校長先生のお話しです。その中で、種子島の特産物になっている安納芋のことなども話してくれました。

芋についての説明

芋についての質問や芋虫などについて講師や保護者の方が話してくれました。

※ 平成28年6月10日、種子島の西之表市立現和小学校で行われた安納芋の苗の植え付け体験作業の模様を紹介しています。この動画の中には、講師の平園さんによる苗の植え付け説明、児童による安納芋の苗の植え付け作業の模様、児童の感想、平園さんのコメントなどを収録しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島の学校活動:現和小学校安納芋の苗植え付け体験

 
【撮影場所】
鹿児島県西之表市立現和小学校
【撮影日時】
2016年6月10日(金)/8時44分〜9時05分
2016.6.10〜