ふるさと種子島 > 西之表市の旅行・観光情報(学校活動・その他) > 上西小学校一輪車リレーマラソン大会

見事目標を大きく更新...

平成28年2月13日(土)、西之表市立上西小学校で、一輪車リレーマラソン大会が行なわれました。

一輪車リレーマラソン大会は、四年前から行っており、長距離のリレーマラソンを行うことで、日頃の練習成果の発揮や忍耐力、協調性の大切さなどの習得向上及び地域とのふれあいなどを目指しているものです。

ところで、上西小学校は「笑顔いっぱい花いっぱい」のスローガンに掲げ、子どもたちは笑顔いっぱいで、いつもきれいな花に囲まれて学習や運動にがんばっています。

そして、特色ある学校を目指し、特認通学制度・山村留学制度も実施しており、川崎・岐阜からの留学生二名が現在地元の子供たちと学んでいます。

上西小の子供たちが一生懸命頑張っている一輪車リレーマラソン大会の模様を写真と動画で掲載しています。

なお、一輪車リレーマラソン大会や留学制度の詳しいことは、西之表市立上西小学校(0997-22-0574)へお問い合わせてください。

スローガン

今回のスローガンは、「がんばれ!やりきれ!上西っ子一人一人の魂たばねて!」です。

はじめのことば

一輪車大会の開会式でのはじめのことばです。スローガンの紹介と、「練習の成果を出し切ってください」と話しました。

一輪車マラソンのフィナーレは、6年生4人による二周あるいは、三周です。見事目標を大きく更新しました。

6年生秋山君のスタートで始まり

一輪車リレーマラソンは、8時50分に6年生秋山君のスタートで始まりました。

150分で210周

今回は、150分で210周することを目標を立てました。そして、実際の結果を記入していきます。

6年生の走者

さすがに6年生は、バランスのとり方、速さ、姿勢などフォームが整っていましたね。

バトンタッチ

本部席前で、バトンタッチします。ゴール前で、次走者に「ゴー」と声掛けを行い、バトンタッチがスムースにいくようにしています。

ゴール
応援団

応援団も活躍しました。太鼓を鳴らして、声援送っていました。

次走者へバトンタッチ

バトンタッチは大事ですね。しっかり次走者へ渡しました。

6年生の走者

伴走者は、幼児から大人まで。ご近所のきぼう館のみなさんも走ってくれました。また、当方も無残な姿で伴走しました。

今回の記録は、目標より11周も多く走りました。やったね!

※ 2016年2月13日、西之表市立上西小学校で行われた一輪車リレーマラソン大会を紹介しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島の学校活動:上西小学校一輪車リレーマラソン大会ダイジェスト2016年

 
【撮影場所】
鹿児島県西之表市西之表市立上西小学校
【撮影日時】
2016年2月13日(土)/8時41分〜11時32分
2016.2.14〜