種子島漁協せり市場(8月)

ふるさと種子島 > 西之表市の旅行・観光情報(種子島の水産業) > 種子島漁協せり市場(8月)

アカバラ、シビ、トッピーなどの青物やナガラメなども水揚げされている

西之表市西町にある種子島漁業協同組合せり市場で、2012年8月11日(土)に行われたお盆前の競りの模様を掲載しています。祝日や日曜日以外は、毎日9時より行われています。今回せりに出されていた魚類は、トッピー、水イカ、甲イカ、サバ、キンメダイ、アカバラ、シビ、ナガラメ、いけすの中の鯛などです。そのなかで、ひときわ大きいものは、オキサワラの10キロを超えるものでした。

競りには、鮮魚店、スーパー、ホテルや民宿などの買人です。木札を使って、チョークで金額を記入し、入札していきます。それらを瞬時に、競り人が把握していきます。

なお、せり市場についての詳しいことは、種子島漁業協同組合(0997-22-0620)へお問い合わせてください。

トッピーがとろ箱で... アカバラ オキサワラ
トッピーがとろ箱で... アカバラ オキサワラ
せり場に来ると、来るたびにトッピーを見かけます。四季を通じて、水揚げされている感じがします。話によると、トッピーにもいろんな種類のものがあると。写真のものは、小形のトッピー。 アカバラは、やはり、種子島近海のものが一番。刺身や寿司ねたにも上出来です。種子島のアカバラ美味いですよ。 写真の魚は、オキサワラです。あまり見かけることの少ない魚です。話によると、脂の乗り切った部分は腹の部分だけで、そこが一番美味しいところだと。体長約1メートルのものです。
シビ 揚場風景 木札で入札
シビ 揚場風景 木札で入札
シビは、マグロに一番近い魚だといわれています。シビの鉄火どんぶりなどは最高に美味いですよ。種子島近海でよく揚がっています。 揚場に並べられた魚を下見して、入札に備えています。揚場の中で、イカは全般的に小形のものが多かったようです。 入札は、木札を使っています。それにチョークで、金額を記入していきます。人気ある魚は、入札札も多いです。揚場も騒々しくなっています。

【動画コーナー】

種子島漁業組合で、2012年8月11日(土)に行われたお盆前の競りの模様を撮影したものです。この動画の中には、いけすの中の鯛、魚の計量、揚場風景、水揚げされた魚、入札の模様を収録しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島の水産業:種子島漁協競り市場(8月)

【撮影場所】
鹿児島県西之表市西町種子島漁業協同組合せり市場
【撮影日時】
2012年8月11日(土)/8時33分〜9時07分/(写真情報 17.1〜27.8KB/Nikon D300,SB-900)