ふるさと種子島 > 西之表市の旅行・観光情報(学校活動) > 安城小学校黒潮海域での漂流びん流し!

黒潮に夢をのせて流したよ...

平成29年5月20日(土)、西之表市安城漁港から漁船に漂流びんを積み、安城漁港から沖合い約40キロの海域に漂流びんを投入しました。

これは、平成29年5月14日に、安城小学校で漂流びんの製作を行っていたものです。その海域に投入するまでの模様を写真と動画で掲載しています。

なお、今回、びんの製作のみです。準備ができ次第、後日黒潮海域まで運び流す予定でいます。

なお、漂流びん流しについては、西之表市立安城小学校(0997-23-7372)へお問い合わせてください。

安城漁港での出発式

午前8時30分過ぎから行われた漂流びんの引き渡し出発式です。

26本の漂流びん

写真は、今回、黒潮海域に投入する漂流びんです。全部で26本です。

この日、海流は北東へ0.8ノットのスピードです。適度な間隔で、流してやりました。今回、透明なびんを作りましたが、少々砂が少なかったのか、横倒しになりました。

児童代表のことば

船長さんへ、児童代表がお礼のことばや「夢と希望を託したこの漂流びんを黒潮にのせて旅をさせてください」と話しました。

漂流びんの積込み

児童代表のことばが終わった後、漂流びんを漁船に積み込みました。

岸壁の見送り人

岸壁には、多くのPTAが見送ってくれました。当方も久しぶりの同行となりました。

いざ黒潮海域へ航行

安城港を出ると、スピードを上げて真東へ20ノットで航行しました。

黒潮海域でのびん流し
イルカが姿を見せてくれた

航行途中、イルカが姿を見せてくれました。このほかにもとび魚が飛ぶ様子も見れました。

びんを流したGPSのディスプレー画面

写真は、GPSのディスプレー画面です。中央やや右寄りの白い斑点が今回びんを流す位置です。40〜50キロ沖合です。

黒潮海域でのびん流し

黒潮海域で、びんを投入しました。子どもたちの夢と希望が詰まったびんです。遠くまで届いてほしいな。

※ 平成29年5月20日、種子島の西之表市立安城小学校の太平洋黒潮海域での漂流びん流しの模様をダイジェストで紹介しています。この動画の中には、安城漁港での出発式での児童代表のことば、漂流びんの積込み、安城漁港出港、黒潮海域での漂流びん流し、安城港帰港の模様を収録しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島の学校活動:安城小学校黒潮海域での漂流びん流し!2017年

 
2017.5.22〜