ふるさと種子島 > 西之表市の旅行・観光情報(学校活動・その他) > 現和小学校西之表市人権教育研究会

椋鳩十先生の講演から学ぶ...

平成28年12月6日(火)、西之表市立現和小学校で、平成28年度西之表市人権教育研究会が行われました。

14時から市内小・中学校教職員出席による現和小学校6学年による道徳の公開授業、そのあと、全大会では、伊関小学校での事例発表、意見交換、最後に指導助言などで研究会も終了しました。

現和小学校は、西之表市の現和地区にあります。「やさしく」、「かしこく」、「たくましく」を校訓に掲げ、豊かな心を持ち、創造的で、主体的に行動できる子どもの育成を図ることを目標にしています。

潮騒留学&特認通学制度も行っており、現在、潮騒留学生2名、特認通学生4名、6学級51名の児童数です。アットホームで少人数指導が魅力の学校で、潮騒留学及び特認通学生も募集しています。

その人権教育研究会の模様を写真と動画で掲載しています。

なお、人権教育研究会及び潮騒留学制度などの詳しいことは、西之表市立現和小学校(0997-25-0003)へお問い合わせてください。

道徳の公開授業

写真は、14時から行われた道徳の公開授業です。今回の主題は「自分の中の宝物」です。向上心、個性伸長などを学習するものです。鹿児島県の作家椋鳩十先生の講演「人間はすばらしい」を聞いているところです。

写真は、「これがあなたのいいところ」のチェックシートで、相手を普段から見ている状況でいい面を出し合います。

作家の椋鳩十先生

作家の椋鳩十先生です。講演の中で、椋先生は、小学校を卒業するまで、作文の成績は、一番下の評価だったにもかかわらず、ものを読むことが好きで、本を読んだり書いたりしているうちに、作家になったことを語っています。

まとめ

こちらは、講演の内容を聞いて、どのようなことを思ったのか、まとめているところです。

左のグループ

こちらは、左側のグループです。

カードに記入する

こちらは、椋さんの講演を聞いた後、自分はこれからどうしていきたいか、それをカードに記入しています。

フリーリレー
発表

これからの自分を発表します。自分のこと、周囲のこと、他の人のことも考えて、発表もいろいろでした。

保護者からの手紙を読む

写真は、お父さんお母さんの手紙を読んでいるところです。どんなことが書いてあったんでしょうね。結構長い文章でした。

伊関小学校での事例発表

こちらは、全体会での伊関小学校での事例発表です。3年生以上14名が3つの委員会に分かれて活動している状況を示したスライドです。

意見交換

こちらは、全体会での授業研究・事例発表に関する意見交換です。率直な意見が出されました。人権問題は、歴史的にも古く、簡単に解決できる問題ではありません。正しい知識、心得、心構えで取り組む必要があります。

※ 2016年12月6日、種子島の西之表市立現和小学校で行われた平成28年度西之表市人権教育研究会での公開授業道徳の模様を時間短縮して紹介しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島の学校活動:現和小学校公開授業道徳西之表市人権教育研究会

 
【撮影場所】
鹿児島県西之表市立現和小学校
【撮影日時】
2016年12月6日(火)/14時05分〜16時20分
2016.12.6〜