ふるさと種子島 > 西之表市の旅行・観光情報(学校活動・その他) > 上西小学校しめ縄作り学習体験

正月の飾りに欠かせないしめ縄...

平成28年12月19日(月)、西之表市立上西小学校児童が、上西公民館でしめ縄作り学習体験を行いました。

上西校区の高齢者の支援を受けて、正月の飾りに欠かせないしめ縄の製作です。各自製作することで、自分だけのしめ縄ができあがります。

ところで、上西小学校は「笑顔いっぱい花いっぱい」のスローガンに掲げ、子どもたちは笑顔いっぱいで、いつもきれいな花に囲まれて学習や運動にがんばっています。

また、特色ある学校を目指し、特認通学制度・潮騒留学制度も実施しており、留学生1名が、現在、地元の子供たちと学んでいます。

しめ縄作り学習の体験学習の模様を写真と動画で掲載しています。

なお、しめ縄作り学習や留学制度の詳しいことは、西之表市立上西小学校(0997-22-0574)へお問い合わせてください。

高齢者による下準備作業

早朝から地域の高齢者のみなさんが集まり、すでにわら打ちなどの下準備をしていました。

わら打ちをする子供たち

子どもたちは一列になり、各自木槌をもってわら打ちをしました。おじいちゃんたちから打ち方を習いました。

写真は、出来上がったしめ縄を持って、先生たちや地元の人たちとの記念撮影です。しめ縄に近づくと、ダイダイの酸っぱい香りが。上出来でした!

いっしょにしめ縄つくり

今日は、おじいちゃん、おばあちゃんが先生です。その作業をしっかり見つめていました。

しめ縄つくり

おばあちゃんのアドバイスを受けながら縄を編んでいきます。

指導を受けながらのしめ縄作り

おじいちゃんの指導を受けながら留学生も頑張っていました。

屋外での作業

今回は、屋外で作業しました。晴天に恵まれ交流を深めながら作業は続きました。

全員での記念撮影
完成したしめ縄を持っての記念写真

しめ縄つくりで、第1号です。おじいちゃんのよきアドバイスや協力で立派な飾り物が出来上がりました。

しめ縄作り

しめ縄の飾りには、ダイダイ、小さい竹の棒、ウラジロ、ユズリハです。おばあちゃんと一緒に飾りつけました。

おじいちゃんによるしめ縄にまつわるお話し

おじいちゃんによるしめ縄にまつわるお話しです。写真は、種子島家の飾り付けについて話しています。ちなみに、種子島家のしめ縄の特徴は、中央ダイダイの下につるの巣籠りがあるのが特徴です。

※ 2016年12月19日、西之表市立上西小学校児童によるしめ縄作り学習体験の模様を紹介しています。この動画の中には、高齢者たちによるわら処理、子どもたちによるわら打ち、講師のお話し、しめ縄製作状況、出来上がった様子、記念撮影、児童の感想などを収録しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島の学校活動:上西小学校正月用しめ縄作り学習体験2016年

 
【撮影場所】
鹿児島県西之表市上西公民館
【撮影日時】
2016年12月19日(月)/8時41分〜11時51分
2016.12.20〜