1. ふるさと種子島>
  2. 南種子町の情報>
  3. 大浦川いかだ下り体験

種子島マングローブパークがゴール地点!

いかだ作り

完成したいかだ

令和4年9月3日(土)、南種子町平山大浦川で、南種子町立平山小学校PTAによる大浦川いかだ下り体験が行われました。

平山小学校では、さまざまな体験活動の充実を図っており、12年前から大浦川のいかだ下り体験を取り入れています。

いかだ下りを行う大浦川の全長は約6.5キロで、支流は三つに分かれています。河口は、吉助橋を通り、熊野浦に面しています。大潮時には、川の中流付近まで海水が来ることもあり、種子島の女殿様だった松寿院が川直し事業を行ったとして有名です。

学校のほぼ西側の大浦川に架かっている才田橋付近からいかだ下りは行われました。その川下りの模様を掲載しています。

写真1枚目は、完成したいかだです。午前8時からお父さんたちが手分けして作っていました。この場所は、大浦川の中間くらいの位置で才田橋です。距離にして約3キロの地点です。今回、13名の子供たちが川下りを体験しました。

写真2枚目は、開会式でのPTA会長のあいさつです。子どもたちに楽しんでほしいことを話していました。

ライフジャケットを着る

PTA会長あいさつ

記念写真

記念写真

写真3枚目は、いかだの前で記念写真です。これからいかだを川に降ろします。台風の影響もなく、川のコンディションも良好でした。

写真4枚目は、いかだを下ろして、乗り込みます。これから約1時間楽しいいかだ遊びです。

いかだを下ろす

いかだを下ろす

いかだ下りの始まり!

いかだ下りの始まり!

写真5枚目は、さあ〜、いかだ下りのはじまりです。子供たちの楽しい声が響き渡っています。今回のゴールは、種子島マングローブパークまでです。

写真6枚目は、いかだ下りを楽しみます。まだ、始まったばかりです。子どもたちの声が響き渡ります。後方に見えている橋が才田橋です。

いかだ下り

いかだ下り

いかだ下り

いかだ下り

写真7枚目は、いかだ下りを楽しみます。川岸には、メヒルギ、ニガダケなどが生い茂り自然いっぱいです。自然の風景が素敵です。

写真8枚目は、この付近の道沿いには、松寿院の川直し事業による関係のある石碑などがあります。右の川岸には、メヒルギの自然が美しい景観ですよ。

いかだ下り

いかだ下り

いかだ下り

いかだ下り

写真9枚目は、いかだを下りて泳いだりします。川ですので、少し水温は低そうです。しかし、楽しい声が響いています。

楽しいいかだ遊びもゴールが近付いてきました。この橋をくぐるとゴールです。写真10枚目です。

ゴール間近!

ゴール間近!

ゴール!

ゴール!

写真11枚目は、種子島マングローブパークでのゴールです。楽しい時間も終わりとなりました。PTAのみなさんお世話になりました。ありがとうございました。

なお、いかだ下り、宙留学制度等の詳しいことは、南種子町立平山小学校(0997-26-7001)へお問い合わせてください。

※ 2022年(令和4年)9月3日(土)、南種子町平山大浦川で行なわれた南種子町立平山小学校PTAによるいかだ下り体験の模様をダイジェストで紹介しています。この動画の中には、才田橋付近の大浦川、完成したいかだ、はじまりの会でのPTA会長のあいさつ、各グループでの記念撮影、いかだ降ろし、いかだ下り、川岸のメヒルギ、終点の模様、参加児童の感想、おわりの会での児童代表お礼のことばなどを収録しています。なお、AIボイスナレーションで、学校行事、大浦川及び川岸の風景などの説明などを収録しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

平山小学校大浦川いかだ下り体験令和4年 AIボイスナレーション付き〜種子島の学校活動

【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡南種子町大浦川、種子島マングローブパーク
【撮影日時】
2022年9月3日(土)/9時33分〜12時00分
2022.9.4〜