1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 1月の草花>
  4. ホトケノザ
【科名】
シソ科
【和名・別名】
仏の座/別名サンガイグサ
【撮影日時】
2018年1月30日(火)/16時00分〜16時28分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市現和田之脇台地畑
【名前の由来】
葉の形が、仏様の座る台座の形に似ていることから付けられています。
【コメント】
ホトケノザは、初春に咲く花です。暖地種子島では、場所によって、1月にはいち早く咲いてくれます。
畑では、日当たりがよく少し湿っぽい場所に群生しています。花びらがとても奇妙です。横から見ると波立ったように見えますが、上から見れば小さい蝶が止まっているように見えます…。
花びらの斑点が奇妙で、近くで見れば不思議な花です。
ホトケノザ

ホトケノザは、道端や収穫後の畑に群生する2年草の草花です。背丈は、10〜30センチです。春の七草の花とは違います。

ホトケノザ花

葉は、対生し、扇状の円形です。縁には鋭い鋸歯があります。。

ホトケノザ花・葉

茎や葉には、白い毛が蜜にあります。また、茎の直径は、1.5ミリほどです。ホトケノザは、グループごとに群生します。

ホトケノザ紅紫炉の花

紅紫色の花は、長い筒状の唇形花で、長い毛が密生しています。下唇は、3裂しており、中央はさらに2裂しています。

群れて咲いているホトケノザ

場所によっては、群生していることもあります。写真は、休耕畑に群生したホトケノザです。

2013.12.15〜