ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 12月の草花 > リンドウ

【 草花の諸データ 】

【科名】
リンドウ科
【和名・別名】
竜胆
【撮影日時】
2015年12月2日(水)/10時32分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市現和道沿い、桃園道沿い、熊毛郡中種子町牧川広域農道沿い、国上桜園市道沿い
【名前の由来】
***

【 生態状況 】

草花の中で、青い花びらは非常に少ない植物です。晩秋から初冬にかけて、ほとんど黄色い花が多い中、このリンドウが可愛らしく紫色に咲いてくれます。しかも花が11個も群れて咲いている様子は滅多に見ることがありません。

釣鐘状の花びらで、先は5裂しており、さらに花びら間は副片があります。斑点のような模様も見られます。日当たりのいい場所ではなくて、少し湿っぽいところに咲いています。特徴として、周辺にコケ類が育っている場所でないと見つかりません。

なお、リンドウの根は、胃薬として用いられています。何かと私たちに役立っているリンドウです。

リンドウは、全般的に日当たりが良くて少し湿り気がある場所で生えていることが多いです。開花時期は、9〜11月です。

リンドウ

リンドウは、一つの茎に花を3〜4個つけることもあります。花冠の長さは4〜5センチです。

リンドウ

晩秋にかけて、道沿いでひそかに開花しているリンドウです。白の斑点部分と鮮やかな紅色が素晴らしいのが特徴です。【平成22年11月21日撮影】

リンドウ
リンドウの群生

場所によっては、株を成すように群生することもあります。最近、このような光景を見る機会がありません。【平成20年12月16日撮影】

2013.12.20〜