1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 12月の草花>
  4. ヤクシソウ
【科名】
キク科
【和名・別名】
野罌粟
【撮影日時】
2015年12月2日(水)/11時45分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市伊関又延市道沿い、安納林道沿い
【名前の由来】
***
【コメント】
晩秋ともなれば、草花も極端に少なくなってきます。その中で、このヤクシソウが道路沿いを、鮮やかな黄色の花で飾ってくれます。ヤクシソウはよく枝分かれしていますので、花も密集して咲いています。花だけ見れば、ホソバワダンやオニノタビラコなどの花によく似ています。
花びらの直径は、1.5センチ前後です。見ごろを過ぎていますが、場所によっては、まだ花びらも健在です。ヤクシソウの花が終わると、種子島も本格的な冬を迎えることになります。
ヤクシソウ

ヤクシソウの花期は、8〜11月です。日当たりのよい林の縁などに生える2年草の草花です。背丈は、約30センチです。

花ヤクシソウ

ヤクシソウの花びらは、ホソバワダンと区別ができないほどよく似ているのが特徴です。11月になれば、山道などで観察できます。

頭花ヤクシソウ

茎は、よく枝分かれして、その先端部に花を数個ずつつけています。花は、黄色で直径約1.5センチです。

ヤクシソウの花・葉

葉は互生し、長さは、4〜10センチで幅は2〜5センチです。また、葉の色はやや黄色くなっているものもあります。

早春頃のヤクシソウ

ヤクシソウは、場所によっては、早春でも見ることができます。花びらもしっかり付けています。花持のいいのも特徴です。【平成23年4月2日撮影】

2013.12.21〜