1. ふるさと種子島>
  2. 南種子町の旅行・観光情報>
  3. 茎南小学校もち米稲刈り体験

豊作に恵まれた稲刈り取り体験

みんなで記念撮影!

みんなで記念撮影!

平成30年7月16日(月)、南種子町立茎南小学校の耕作田で、PTAによるもち米の稲刈りを行いました。

茎南小学校では、「かしこく、やさしく、たくましく」を校訓に掲げ、積極的な活動を行っています。宇宙留学制度も実施しており、さまざまな体験活動の充実を図っており、10年前から稲の栽培活動を取り入れています。

午前8時から、先生のあいさつや保護者による刈り取り作業の際の注意事項を子供たちに教えたりしました。

茎南小学校の学校田は、茎永雨田の農道沿いにあり、3月17日に植え付けられた稲は順調に成長し、収穫できるようになりました。茎南小学校児童28名によるもち米の刈り取り作業の模様を掲載しています。

写真1枚目は、雨が降る中の稲刈りでした。子供たちは、泥んこになって頑張りました。楽しい稲刈りでしたと話していました。

この日、雲が広がり雨も降るような天候でした。はじまりのときは雨は降っていませんでした。写真2枚目は、事業部長による稲刈りの仕方を教えています。

稲の切り方を教える!

稲の切り方を教える!

稲刈り開始!

稲刈り開始!

明け方に雨が降った感じです。稲穂が結構濡れています。また、水田は、場所によってぬかるみもあります。写真3枚目です。

成長した稲は、病気もほとんどなく順調に生育していました。もち米は、豊作となりました。収穫したもち米は、11月のふるさと祭りで、茎南小のもち米として販売します。また、9月に予定されている地域探訪でも餅つきとして利用されます。写真4枚目です。

生育も順調!

生育も順調!

刈り取り作業

刈り取り作業

子供たちの刈り取り作業です。最初は、慣れない手つきでの刈り取りでしたが、次第にカマの使い方も上手になってきました。写真5枚目です。

けがをしないように、安全のため作業手袋をしています。特に低学年にとっては、慣れない刈り取り作業です。でも楽しいな。写真6枚目です。

刈り取り作業

刈り取り作業

馬を作る

馬を作る

保護者によって、天日干しにするため、刈り取った稲をかけるため馬を作ります。お父さんたちが手際よく作っていきます。写真7枚目です。ここで作った馬、後で掛け干しが終わったころ倒れてしまったんですよ。

刈り取った稲は、適当な束にわらで縛ります。お母さんが教えてくれていました。写真8枚目です。

稲束をしばる

稲束をしばる

稲刈りは中盤!

稲刈りは中盤!

稲刈り作業も中盤です。途中から雨が降ってきました。刈り取った稲は、道路の畔まで運んでいます。稲を掛ける馬をつくります。写真9枚目です。

稲束をかける馬をお父さんたちは作っています。お母さんたちは、刈り取った稲を縛っています。写真10枚目です。

稲を縛る作業

稲を縛る作業

稲束を渡す!

稲束を掛ける!

稲束をかけているお父さんに束をかけやすいように手渡します。しっかり、子供たちがサポートしてくれるんですよ。写真11枚目です。

稲束をかける馬の近くまで、刈り取った稲束を運んできます。作業は順調に進み、終盤です。残りわずかですよ。写真12枚目です。

刈り取り作業も終盤!

刈り取り作業も終盤!

稲刈り作業終了!

稲刈り作業終了!

刈り取り作業を始めてから約1時間30分で、作業が終了しました。田んぼは少々ぬかるみもありましたが、一生懸命刈り取ってくれました。そして、掛け干し作業も無事終わりました。写真13枚目です。

なお、もち米稲刈り体験及び留学制度等については、南種子町立茎南小学校(0997-26-7631)へお問い合わせてください。

※ 2018年7月16日(月)、南種子町立茎南小学校耕作田で行われたもち米稲刈り体験を紹介しています。この動画の中には、子どもたちによる稲刈り作業、保護者による馬つくり、稲束を運ぶ作業、稲束をわらで縛る作業、倒壊した馬、馬にかける作業、児童による感想などを収録しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島の学校活動:茎南小学校もち米稲刈り体験2018年

【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡南種子町茎永茎南小学校耕作田
【撮影日時】
2018年7月16日(月)/8時05分〜10時17分
2018.7.18〜