ふるさと種子島 > 西之表市の旅行・観光情報(学校活動) > 安納小学校安納芋苗植え付け学習体験

安納紅の植え付け作業

平成29年5月16日(火)、西之表市立安納小学校学習農園で、安納芋の苗植え付作業をPTAにより行われました。これは、前日15日に安納芋を植え付けるための研修会を行っており、スムースにその作業が進められました。

西之表市立安納小学校は、西之表市の安納地区にあります。今年で創立136年を迎えており、「かしこく」、「やさしく」、「たくましく」を校訓に掲げ、よく考え進んで勉強する子ども、礼儀正しく思いやりのある子ども、健康で体をきたえる子ども、意欲的でねばり強い子どもの育成を積極的に行っています。

また、安納地区は、農業が盛んで、焼き芋の定番となっている「安納芋」の発祥の地として有名です。

その有名になった安納芋を児童自らの手によって、苗を植え付け、草取りも行い、そして、秋には収穫も行います。

その安納芋の苗植え付け学習体験の模様を写真と動画で掲載しています。

なお、安納芋などの詳しいことは、西之表市立安納小学校(0997-25-0663)へお問い合わせてください。

安納小学校学習農園の案内板

県道75号線沿いにある安納小学校の学習農園です。鹿児島県の安全・安心の認証を受けています。

安納紅の苗の写真

苗は、安納紅です。西之表市では、青果用として安納紅が多く栽培されています。

苗の植え付け作業は、9時過ぎに始まり、9時40分過ぎには、無事終了しました。短い時間で作業が終わり、研修会の効果もあったと思います。写真は、看板の前での集合写真です。

高学年と低学年のペアで、横一列に並び、各畝ごとに並び作業している写真

高学年と低学年のペアで、横一列に並び、苗を植え付けていきました。間隔は、30センチの舟底植えです。

高学年と低学年が横一列に並び苗の植え付け作業している写真

横に穴を掘り、苗を植え付けたあと、結束バンドで30センチを確認します。

低学年と高学年の苗の植え付け作業

低学年に植え方を教えながら、高学年が補助します。

植え付けられた苗

苗を植え付けた後です。先端部の若葉が出ていることを確認します。

安納小学校学習農園の案内板の前での子どもたちの集合写真
安納芋

昨年は、収穫した安納芋150キロを熊本地震の被災地に届けました。植え付け作業も終盤です。

安納小学校学習農園の案内板の前での子どもたちと教職員の集合写真

こちらは、子どもたちと教職員の集合写真です。

安納小学校学習農園の案内板の前での子どもたちと保護者の集合写真

最後の写真は、子どもたちと保護者の集合写真です。

※ 平成29年5月16日、種子島の西之表市立安納小学校学習農園での安納芋の苗植え付け学習体験の模様を紹介しています。この動画の中には、講師による植え付け方の説明、児童による苗植え付け作業、児童の感想、参加者の記念撮影などを収録しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島の学校活動:安納小学校安納芋苗植え付け学習体験

 
【撮影場所】
鹿児島県西之表市立安納小学校学習農園
【撮影日時】
2017年5月16日(火)/8時25分〜9時55分
2017.5.18〜