ふるさと種子島 > 西之表市の旅行・観光情報(学校活動・その他) > 安納小学校手作り和紙卒業証書授与

サトウキビで作った卒業証書...

平成28年3月24日(火)、安納小学校体育館において平成27年度第69回卒業式が行われ、6年生3名が学び舎を後にしました。

西之表市立安納小学校は、西之表市の安納地区にあります。今年で創立135年を迎えており、「かしこく」、「やさしく」、「たくましく」を校訓に掲げ、よく考え進んで勉強する子ども、礼儀正しく思いやりのある子ども、健康で体をきたえる子ども、意欲的でねばり強い子どもの育成を積極的に行っています。

また、安納地区は、農業が盛んで、焼き芋の定番となっている「安納芋」の発祥の地として有名です。

ところで、安納小学校では、サトウキビの搾りかすから紙すきを毎年行っており、すいた和紙で卒業証書を作り、卒業式の時に本証書とともに卒業生に授与しています。

その安納小学校の手作り卒業証書授与の模様を写真と動画で掲載しています。

なお、卒業式や手作り卒業証書の詳しいことは、西之表市立安納小学校(0997-25-0663)へお問い合わせてください。

安納小学校

県道591号線沿いにある安納小学校です。校舎の東側から卒業式が行われた体育館方向を撮影したものです。

学校長から卒業生片浦君に手作り卒業証書が手渡されました。

卒業式が行われた体育館

卒業式が行われた体育館です。正面には、ヤマザクラが開花しており、卒業生を祝っているかのようでした。

人の輪をくぐりぬける

体育館前付近から人の輪の中を担任の先生を先頭に卒業生3名が校門までくぐりぬけました。

お祝いのメッセージ

こちらは、5・6年生の教室です。黒板には、お祝いのメッセージが。「たくさん壁にぶつかって、たくさん可能性を見つけてください」と卒業生へ送られていました。

学活

最後の学活です。先生は、0.99と1.01の数字を使って、日々のちょっとした努力が可能性に近づいていくことを卒業生に話していました。

片浦君に手作り卒業証書が手渡される
手作り卒業証書が山崎君へ手渡される

平成27年12月17日(木)、サトウキビから和紙作りを行っていました。こちらは、手作り卒業証書が山崎君へ手渡されました。

山田君に卒業証書を手渡す

手作り和紙に、先日の3連休に教頭先生が、精魂込めて書き入れしています。こちらは、山田君に卒業証書が手渡されました。

卒業生から保護者にお手紙

証書の授与が終わると、卒業生からお手紙が保護者に、「これからもよろしくお願いします」と声をかけながら手渡していました。

※ 2016年3月24日(木)、安納小学校で行われたサトウキビから作った和紙の手作り卒業証書授与の模様を紹介しています。この動画の中には、卒業式後の人の輪でのくぐり、最後の学活、手作り卒業証書授与、卒業生及び保護者の感想などを収録しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島の学校:安納小学校手作り和紙卒業証書授与

 
【撮影場所】
鹿児島県西之表市立安納小学校
【撮影日時】
2016年3月24日(木)/11時00分〜12時15分
2016.3.24〜