ふるさと種子島 > 鉄砲伝来ストーリー > 第14代島主種子島時尭公像

鉄砲伝来のときは若干16歳

種子島開発総合センターの前に道路があり、その真向かいに榕城中学校があります。その中学校の西側に第14代島主種子島時尭公の像が建てられています。

鉄砲伝来でお馴染みの種子島時尭公は1528年に生まれ、1579年10月2日51歳で亡くなっています。鉄砲伝来のときは若干16歳でした。資料によれば2丁の鉄砲を2千両で買ったといわれています。

そして、ポルトガル人から譲り受けた鉄砲は、片時も離さずに持っていたといいます。日本人で初めて鉄砲を試射した人物であります。

この像の右には、案内用のパネルが設置されています。

種子島開発総合センター近くにある「第14代島主種子島時尭公像」です。日本人で初めて鉄砲を試射した人物です。

種子島時尭公像のある内城跡地

種子島時尭公像は、旧榕城中学校武道場の西側にあります。

第14代島主種子島時尭公像

種子島家第14代時尭は、天文12年8月25日(1543年)鉄砲伝来時16歳の青年島主だった。

第14代島主種子島時尭公への献花

毎年、8月に種子島鉄砲まつりを開催しているが、祭りを行う前に時の島主種子島時尭公像に献花を行っています。

第14代島主種子島時尭公像
種子島時尭公の案内板

時尭は、ポルトガル人が所持していた鉄砲の威力を目にし、高価にもかかわらず2丁を購入し国産化に努めた。

種子島時尭についての案内パネル

種子島時尭は、享禄元年(1528年)生まれ、この地は、時尭が第14代島主として建設した内城跡地である。

※ 2014年8月24日、種子島開発総合センター近くにある種子島時尭公像の前にて、関係者により種子島時尭公への献花の模様を収録しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島時尭公への献花〜第45回種子島鉄砲まつり

2014.10.13〜