ふるさと種子島 > 鉄砲伝来ストーリー > 赤尾木城跡

種子島を治めていた種子島家の居城

赤尾木城は、種子島を治めていた種子島家の居城で、別名上之城とも言われていました。寛永3年(1624年)第17代島主忠時が、現在の旧榕城中学校の地にあったのを、この地に移しています。明治2年(1869年)の版籍奉還まで約250年種子島家の城だったのです。

ここは、榕城小学校の正門で、写真で分かるとおり、石が積まれており、当時を物語っています。現在、校庭には、アコウ、ヤマモモ、タブノキなどの大木が生息していて、その中でアコウは居城時代のものです。樹高12メートル、幹まわり約5メートル、樹齢400年以上の堂々たる風格です。

当時、城の中にアコウの木があったため、人々は「赤尾木城」と呼び親しんでいたといわれています。また西之表にはあちこちにアコウの木が生息していたため、「赤尾木」と呼んでいました。

校庭にあるアコウは、西之表市の指定保護植物になっています。

西之表市の榕城小学校正門です。第17代島主種子島忠時が内城からこの地に移したものです。

赤尾木城跡の案内板

榕城小学校正門左にある赤尾木城跡の案内板です。

石積

石が積まれており、当時を物語っています。

赤尾木城跡の標柱

榕城小学校正門左にある赤尾木城跡の標柱です。

榕城小学校正門から見た階段
赤尾木城跡の案内板

正門右に設置されている案内板です。

正門付近から見たアコウの大木

階段を上がった校庭入口です。校舎は左、アコウの大木はこの先前方です。

※ 2013年5月5日、西之表市榕城中目にある赤尾木城跡を撮影したものです。動画の中には、赤尾木城石積み、アコウの大木、榕城小学校などを収録しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島の名所・観光スポット:種子島家の居城だった赤尾木城跡(別名上之城)

2014.10.12〜