1. ふるさと種子島>
  2. 鉄砲伝来ストーリー>
  3. 鐵砲傳来 葡國人上陸之地

異国人が種子島に上陸をした地

「鐵砲傳来 葡國人上陸之地」の記念碑

海岸の陸地にある「鐵砲傳来 葡國人上陸之地」の記念碑です。左に案内板が設置されています。

ここは種子島の最南端の地、南種子町門倉岬の北側にあたります。天文12年(1543年)8月25日、台風の直撃を受けた南蛮船が、門倉岬の海岸に漂着し、異国人が種子島に上陸をした地です。

海岸の土手付近に、この記念碑が建てられています。中央に「鐵砲傳来 葡國人上陸之地」と刻まれ、左に書いた人名が刻まれています。「従五位 男爵種子島時望書」現在の種子島家の方が書いています。刻まれている文字も立派な書体です。

裏面の碑文は、次のように刻まれています。

天文十二年八月二十五日に、南蛮船がこの地に漂着、船員が上陸して鉄砲を伝えた。このことが我が国に鉄砲が伝来した最初の出来事である。この出来事の発端は、その時の地頭である西村織部丞時貫と村松七郎朝光、そして、御側用人の徳永大八祐家らが、その南蛮船におもむこうとした時に、船より鉄砲が放たれたことにある。その音は雷のようであった。西村織部丞らは、大いに驚いて、次の手紙を書いて渡した。「あなた達は、風波によって、漂流して、この地にたどり着いたのか。それとも、海で略奪する者たちか。今、あなた達は、船に兵をのせ、武器を使用した。それは、攻め込んで害をなす者達(冠賊)と同じ行為である。もし、冠賊であるというならば、私たちは兵をもって、討伐するだけである。返答を待つ。」

南蛮船からの返書には次のように書いてあった。「私たちは、冠賊ではない。商人である。求められた商品を積み、さきの日に、とある港を出港し、目的地に向かう途上に台風にあい、漂流し、困り果てていた。たまたま、この地に漂着し、災厄を免れることができた。私たちが冠賊としてきたわけではない証として、火砲(鉄砲)をあなたの国の主に献上したい。」三人は喜び、鉄砲を赤尾木に届け領主である種子島時尭公に献上した。時尭公も大いに喜んで、鉄砲を受け取った。そして、八板金兵衛にその製造方法を伝授させた。

これが、日本における初めての鐵砲製造である。このことによって、武器の威力が増大し、日本の軍制に大きな変革をもたらすことになった。よって、この史跡を不朽に後世に伝えるため、ここにこの日を建設する。
                                                   昭和九年十二月十五日
                                       熊毛支庁長 正七位勲六等 徳田豊美 撰
                                                西村織部丞商 西村時教 書
                                                    建設者    南種子村
                                                      西之区民同青年団
                                                      石工 永井仁之助

平野門倉線門倉岬入口交差点

平野門倉線門倉岬入口交差点です。← 茎永・上中 ↑門倉岬 → 島間

平野門倉線上陸之碑入口

平野門倉線上陸之碑入口です。← 上陸之碑・前之浜海岸 ↑門倉岬

「鐵砲傳来 葡國人上陸之地」入口

「鐵砲傳来 葡國人上陸之地」入口です。これより先へ行くと、コンクリートの階段があります。そこまでは草が生えているので、ご注意ください。

葡國人上陸之地への階段

これより葡國人上陸之地までは階段です。足元に注意しながら下りてください。160メートル先です。

階段

階段を下りてくると、やがて、海岸が見えてきます。記念碑まではもうすぐです。

葡國人上陸之地・海岸

葡國人上陸之地です。整備されて見通しもよくなりました。きれいな海岸も楽しめます。

葡國人上陸之地周辺

海岸から記念碑方向を撮影したものです。階段もやや急ですので、足元にが十分ご注意ください。

平成18年5月2日に撮影した葡國人上陸之地

写真は、平成18年5月2日に撮影していたものです。記念碑の表面が海を向いていました。

【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡南種子町西之崎原、前之浜海岸
【撮影日時】
2017年7月26日(水)/13時06分〜13時19分
2014.10.17〜