1. ふるさと種子島>
  2. 鉄砲伝来ストーリー>
  3. 鉄砲伝来の地門倉岬

種子島の最南端の地

「種子島 門倉岬」の表札

南種子町門倉岬入口にある「種子島 門倉岬」の表札です。

ここは種子島の最南端の地、南種子町門倉岬です。天文12年(1543年)8月25日、台風の直撃を受けた南蛮船が、門倉岬の海岸に漂着したもので鉄砲伝来の地となっています。

これより先のほうに鉄砲伝来を記念して、「鉄砲伝来紀功碑」という記念碑が建てられています。

種子島最南端の地門倉岬は、東経130度53分、北緯30度20分の位置です。この岬の東側に前之浜海岸があり、そこに南蛮船が座礁し上陸しています。

門倉岬入口県道75号線交差点

門倉岬入口県道75号線交差点です。← 茎永・種子島宇宙センター ↑門倉岬 → 大川・島間へ通じています。

門倉岬入口

門倉岬入り口周辺です。右は駐車場、トイレなどあります。

鉄砲像

門倉岬入口鳥居横にある「鉄砲像」です。

旧門倉岬の礎

これは、かつて入口鳥居横に設置されていた旧門倉岬の礎です。

門倉岬の海岸

天文12年(1543年)8月25日、台風の直撃を受けた南蛮船が、門倉岬の海岸に漂着したものです。

鉄砲伝来記念式典での南部鉄砲隊による玉ぐしの奉奠

毎年10月門倉岬で、鉄砲伝来記念式典を行っています。写真は、鉄砲伝来紀功碑の前で南部鉄砲隊による玉ぐしの奉奠です。

南蛮船の形をした展望所

門倉岬公園内には、南蛮船の形をした展望所もあります。景色も素晴らしいですよ。

※ 2013年10月12日、南種子町門倉岬で行われた第14回鉄砲伝来記念式典をダイジェストとして収録しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

第14回鉄砲伝来記念式典子供鉄砲隊試射・種子島火縄銃南部鉄砲隊試射ドキュメント

【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡南種子町西之崎原、門倉岬
【撮影日時】
2014年9月28日(火)/10時16分〜10時32分、ほか
2014.10.12〜