1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 2月の草花>
  4. オオバコ
【科名】
オオバコ科
【和名・別名】
大葉子
【撮影日時】
2017年2月24日(金)/10時11分〜10時13分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市下西川迎
【名前の由来】
葉が大きいために付けられています。
【コメント】
オオバコは、早春を代表する雑草です。日当たりのいい道端や庭先でもよく見かける多年草の草花です。
人や車から踏みつけられても必ず生えてきます。辛抱強い草花です。若い葉は食べられると言われています。
【注意】文中の数値は、撮影時の実測によります。
オオバコ

オオバコの花期は、4〜9月とされています。花期の長い草花です。暖地種子島では、早めに開花します。よく見ると、実もついています。背丈は、9〜23センチです。穂状の花序は、2.8〜10センチです。

オオバコ

真上から撮影したオオバコです。葉は、根生し、放射状に広がります。その直径は、10〜24センチです。

オオバコ

葉の長さは、柄が2〜6.5センチ、葉部分が6〜13センチです。柄が長いのが特徴です。

オオバコの群生

オオバコは、人が通る場所で群生します。道端でも特に車輪が通る場所でです。

また、漢方薬として咳止めや去痰に使用されています。何かと役に立っているオオバコです。

オオバコ

道端では、グループを成すように群生します。根が丈夫なので除草も大変です。

2013.12.15〜