1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 2月の草花>
  4. コハコベ
【科名】
ナデシコ科
【和名・別名】
小繁縷 Stellaria media
【撮影日時】
2017年2月6日(月)/11時35分〜11時40分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市現和川氏休耕畑
【名前の由来】
***
【コメント】
ハコベは春を代表する草花です。また、春の七草で知られているものです。普通にハコベと言ったら、このコハコベを指しています。
種子島は、暖地なので、1月には開花します。海岸付近から内陸部にかけて生えています。
ハコベは小鳥のえさにも最適です。茎を摘んでおひたしなどにするとおいしく食べられます。
コハコベ

コハコベの花期は、3〜9月です。花期の長い草花です。通常、地面を這うように伸びています。そして、先端部を持ち上げるように花を咲かせています。背丈は、10〜20センチです。花の直径は、約8ミリです。

コハコベの茎・花

コハコベの茎は、写真から分かるとおり、暗い褐色を帯びています。茎、枝、花序などに多くの白い毛があります。

コハコベの花

道端、畑などいたるところで、生えるはずのコハコベ、最近は、あまり見かけることが少ないです。写真は、花は開いていませんが、花びらは見えています。

コハコベの花

葉の縁が、褐色に枯れて、霜の影響を受けています。日本には、コハコベは、ムギ栽培とともに渡来した史前帰化植物といわれています。

コハコベの茎部分

茎の部分を撮影したものです。特徴的な褐色を帯びています。また、葉の縁も茶色になっています。

2013.12.17〜