1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 2月の草花>
  4. ヤブチョロギ
【科名】
シソ科
【和名・別名】
藪長老喜/Stachys arvensis
【撮影日時】>
2016年2月19日(金)/10時21分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市国上喜志鹿崎・野木平、榕城小牧野
【名前の由来】
***
【コメント】
ヤブチョロギは、湿気の多い場所、日当たりのいい場所など関係なしに、どこでも生えています。
主に畑の土手周辺に無数に群生しています。場所によっては、思わず声も出ないくらいに群生しているところもあります。ヤブチョロギはこれからよく見かける草花です。種子島のいたるところで咲きほこります。
もちろん人家の庭先でも見かけます。花びらは大変小さくて薄いピンク色をしています。離れて見るとなぜか、ゴツゴツした感じで、不思議な雰囲気があります。
ヤブチョロギ

ヤブチョロギの花期は、3〜4月です。ヨーロッパ原産の帰化植物です。日本では、最初に長崎で発見されてから全国各地に繁殖し、駆除が厄介な雑草として扱われて います。

頭花ヤブチョロギ

茎は四角で、全体に白い毛が目立ちます。

頭花ヤブチョロギ

茎の先端部に薄いピンク色の花を咲かせます。見るからにごつごつした感じです。

ヤブチョロギの群生

畑の縁や中でヤブチョロギは群生しています。畝を作るかのように大きな群れになっています。茎や萼などが紫色を帯びているのが遠くからでも目につきます。

ヤブチョロギ

春に近づくと、先端部は濃い紫色に変色します。また、葉は黄色く色づきます。【平成30年2月27日撮影】

2013.12.21〜