ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 2月の草花 > ノハラツメクサ

【 草花の諸データ 】

【科名】
ナデシコ科
【和名・別名】
野原爪草 Spergula arvensis
【撮影日時】
2017年2月3日(金)/12時27分〜37分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市安納水田
【名前の由来】
野原に生えるツメクサということで名前が付けられています。

【 生態状況 】

ノハラツメクサは、ヨーロッパ原産の一年草です。一般的に民家の道沿いや水田、畑で群生しています。いちはやく早春を届けてくれる雑草でもあります。

花びらは、8〜10ミリの純白です。花の中心部は、薄黄緑色をしており、葉は細くて先がとがっています。種子に白い突起物があるのが特徴で、ツメクサと見分けるポイントになっています。

ところで、ノハラツメクサは、畑一面に生えていることもあります。これは、堆肥に種子が入り込んでおり、熱処理が不十分な場合見られると聞きます。

【注意】文中の数値は、撮影時の実測値です。

ノハラツメクサの開花時期は、通常、5〜7月と言われています。種子島は温暖地ですので、開花がだいぶ早いです。2月には、ほぼ満開になっています。背丈は、25〜40センチです。

ノハラツメクサの花

各枝の先端部に白い花びらをつけます。花びらは、5枚で、直径10ミリです。

ノハラツメクサの茎と葉

茎の直径は、2ミリで赤褐色です。葉は、糸状で2.7〜4センチです。それが節の周りに出ています。

ノハラツメクサの根部分

写真は、ノハラツメクサの根元部分です。根元から放射状に15本以上の茎が出ています。根元付近の茎の直径は、3ミリほどです。

ノハラツメクサ
ノハラツメクサの若い果実

ノハラツメクサの若い果実です。写真から分かるとおり、果実、枝、茎、葉ともに白い毛があります。

ノハラツメクサの群生

写真の如く、グループを成して群生したり、列で隙間もないほど群生することもあります。

2013.12.19〜