ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 2月の草花 > シロバナマンテマ

【 草花の諸データ 】

【科名】
ナデシコ科
【和名・別名】
白花マンテマ Silene gallica L. var. gallica
【撮影日時】
2017年2月28日(火)/9時21分〜9時26分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市安納軍場道沿い
【名前の由来】
***

【 生態状況 】

シロバナマンテマは、ヨーロッパ原産の帰化植物です。日本には、江戸時代末期に渡来したといわれ、それが野生化したものとされています。

特に田畑の土手付近でよく見かける草花です。すこし湿っぽいところに生えています。ひとつの根から何本も分かれており、高さは30センチ前後です。

花びらは白地ですが、ややピンク色に染まっており、大変可愛らしい花です。特徴は、花びらの根元の付け根付近を見ると、縞模様が入っています。

種子島の道路沿いで、たくさん見かけます。写真のシロバナマンテマは、群生して咲きほこっており、その姿に圧倒されます。

シロバナマンテマは、日当たりのよい畑の土手付近で群生しています。花期は、通常、5〜6月です。暖地種子島では、早めに開花します。背丈は、25〜50センチです。

シロバナマンテマ総状の花

茎の上部に、直径7〜8ミリの花を総状につけます。花弁は白色ですが、次第にピンク色に変化します。

シロバナマンテマの茎・葉

茎や葉には、白い毛があります。葉の大きさは、長さ2〜4センチで、幅は1.5センチです。

シロバナマンテマ
シロバナマンテマの群生

シロバナマンテマは、傾斜状に伸びて先端部に花をつけます。場所によっては、隙間もないほど群生します。

シロバナマンテマの花びら

シロバナマンテマは、開花のあと、がく部分が卵形に膨らんできます。膨らんだ卵形には、長短の白い毛が密生しています。

2013.12.21〜