1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 2月の草花>
  4. ノダイコン
【科名】
アブラナ科
【和名・別名】
野大根
【撮影日時】
2018年2月14日/10時28分〜10時31分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市小牧野周辺畑
【名前の由来】
***
【コメント】
初春になると、ノダイコンが種子島の各地で咲いてきます。内陸部の畑や土手付近に多数生息しています。
全般的に、花は白くハマダイコン同様、花びらの先端は薄いピンク色をしています。密集して咲いていたり、ポツンと咲いていたりと色々です。近づくと大根のいい香りがしてきます。
普通の大根のように根は太くありません。寒い季節風が吹く中、快い雰囲気が漂っています。ここは県道76号線から少し西側に入り込んだ農道です。
種子島のあちこちでノダイコンが満開になっています。
ノダイコン

ノダイコンの開花時期は、1〜5月です。場所によっては、真冬に花を咲かせていることもあります。背丈は、通常、30〜80センチです。さとうきび畑では、大型の雑草です。

ノダイコン紅色のグランデーション

全般的に、先端部に多くの白い花びら及び紅色のグランデーションがかかった花をつけます。

ノダイコン白い花びら

花びらの色も白系統もあります。写真の物は、外周付近が少し薄紫色になっています。

畑のノダイコン

畑で開花しているのダイコンです。葉の大きさは、長さ10〜23センチです。なお、ノダイコンは、ハマダイコンとも呼ばれています。

ノダイコンの群生

場所によっては、土手付近で山盛りになって群生していることもあります。また、さとうきび畑では、雑草として中まで侵入していることもあります。

2013.12.19〜