1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 9月の草花>
  4. ヤブガラシ
【科名】
ブドウ科 Cayratia japonica
【和名・別名】
藪枯らし/別名ビンボウカズラ
【撮影日時】
2016年9月4日(日)/12時26分〜12時31分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町星原坂元広域農道沿い、西之表市下西川迎
【名前の由来】
***
【コメント】
ヤブガラシは、荒地や薮などに生えるつる性の多年草の草花です。場所によっては、庭先にも生えてくることがあります。
庭先に生え、手入れの行き届いていないものは、ビンボウカズラと呼ぶのです。
通常に、ヤブガラシが見れるかというと、そうでもありません。少し湿っぽい竹林で見られます。
ヤブガラシ

ヤブガラシの花期は、6〜9月です。周囲の竹などに絡みついて伸びています。

ヤブガラシの花の画像

直径約5ミリの緑色の4弁花をつけ、中央には橙色の花盤がよく目立っています。その花に、ハチ類が近寄ってきます。

ヤブガラシ葉の画像

葉は互生し、5小葉の鳥足状複葉です。葉の縁には、粗めの鋸歯があります。

ヤブガラシの群生

地下茎を長く伸ばして、ほかの竹などに絡みつき薮を成しています。繁殖も旺盛です。

垣根に絡みついたヤブガラシ

垣根に絡みついたヤブガラシです。こうなると、ビンボウカズラです。地下茎で増えるので、大変厄介な植物です。【平成21年9月23日撮影】

2013.12.21〜