ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 11月の草花 > クロタラリア

【 草花の諸データ 】

【科名】
マメ科
【和名・別名】
別名ベビーマラカス、Crotalaria
【撮影日時】
2015年11月28日(土)/12時30分〜12時42分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町野間大平県道沿い
【名前の由来】
***

【 生態状況 】

クロタラリアはマメ科の植物で黄色い花を咲かせる一年草の植物です。長さが4〜5センチほどの実がなっていますが、それを割ってみると3ミリくらいの小さい種子がたくさん入っています。あまり見る機会がないかもしれません。

花びらは鮮やかな黄色い花で、大変目立つ花です。高さは、70〜80センチの高さです。海岸の近くややせた野原などに生えています。

クロタラリアの開花時期は、6〜8月です。暖地の種子島では、開花時期を過ぎると、黄色い花、黒い種子、薄緑の種子の三種を同時に見ることができます。

クロタラリアの花と果実

写真は、クロタラリアの黄色い花と黒く熟した果実です。高さは、約1メートルです。

クロタラリアの種子

写真は、クロタラリアの熟した種子を割ったものです。中には、黒い小さな種が入っています。

クロタラリア
クロタラリアの黒く熟した果実

クロタラリアの黒く熟した果実です。枝を揺さぶってみると、果実の中の種子が発する音が聞こえてきます。小さいマラカスということで、それが名前の由来にもなっています。

2013.12.17〜