1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 11月の草花>
  4. ナピアグラス
【科名】
イネ科
【和名・別名】
別名ナピーアグラス、ネピアグラ
ス、エレファントグラス、オニチカラシバ Cenchrus purpureus
【撮影日時】
2016年11月17日(木)/12時42分〜12時46分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡南種子町長谷農道沿い
【名前の由来】
***
【コメント】
ナピアグラスは、熱帯アフリカ原産の大型の多年草帰化植物です。日本には、暖地型の飼料作物として、昭和の初期に奄美大島に導入され、ペルーグラスと呼ばれてきました。その後、九州、沖縄で広く栽培された経緯があります。
1991年に屋久島、種子島で帰化が報告され、各地の道沿いで急速に野生化してきています。
ナピアグラスは、適切な管理が必要な産業上重要な外来種として指定されているものです。
【注意】文章の中の数値については、撮影時の実測値によります。
ナピアグラス

ナピアグラスは、各地の農道から国道沿いまで幅広く生えています。花期は、8〜11月です。中には、高さが3メートルを超える大型もあります。

ナピアグラスの穂状花穂

茎の先端部に、長さ19〜27.5センチ、幅は、2.5センチの穂状花序をつけます。

ナピアグラスの茎・葉

葉は、長さ60〜88センチで、幅は、2〜3センチの線形です。表面には、白い毛があります。

ナピアグラスの根元の茎

根元部分を撮影したものです。茎は、1.5〜2センチの扁平になっており、頑丈な茎です。根も相当深いといわれています。

ナピアグラス畑の土手付近で群生

特に畑の土手付近で群生していることが多いです。竹みたいに根元も丈夫で除去するのも大変です。

2016.11.22〜