1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 11月の草花>
  4. ダンチク
【科名】
イネ科
【和名・別名】
暖竹/別名ヨシタケCanna indica L.
【撮影日時】
2015年11月28日(土)/13時34分〜13時59分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市住吉広域農道沿い、上二つ川沿い
【名前の由来】
暖地に生え竹みたいに見えるため付けられています。
【コメント】
ダンチクは、種子島でも多数生えており、海岸や川沿いでよく見かけます。ダンチクは竹みたいに高く成長し、3メートルを超えるものもあります。
葉の形がいいものは、「つのまき」を作るときに利用されています。「つのまき」は、昔、各家庭でよく作られていましたが、最近は見かけなくなってきました。灰汁でといだもち米のなかに小豆などを入れ、ダンチクの葉で三角形に包み、それを蒸していけば出来上がります。
地元では、ダンチクをネピアとも呼んでいます。大きな株を作って群生し、増殖の早いことが特徴です。
ダンチク

ダンチクは、海岸や川沿いに生える高さ2〜4メートルの多年草の常緑植物です。開花時期は、8〜11月です。写真は、川沿いのダンチクの群生です。

たダンチクの花序

先端部に30〜70センチの円錐状の花序でやや赤紫色を帯びています。

ダンチクの葉

ダンチクの葉は、長さ50〜70センチで、幅は最大5〜6センチです。茎を抱き込むように葉をつけています。

ダンチクの茎・葉

茎に抱き込むように葉は互生し、表面はやや光沢があります。また、先端部は枝垂れています。葉腋から枝を出すこともあります。

ダンチクの群生画像

特に、川沿いでは、両岸にわたって大群生することもあります。

2013.12.21〜