1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 11月の草花>
  4. サツマシロギク
【科名】
キク科
【和名・別名】
薩摩白菊、Aster satsumensis
【撮影日時】
2011年11月15日(火)/8時41分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市安城大川田川林道沿い
【名前の由来】
***
【コメント】
種子島の西之表市安城の林道沿いで、満開を迎えているサツマシロギクです。
サツマシロギクの花期は、8〜11月と言われています。どこでも見かけるというものでもありません。
付近一帯50メートルにわたり、やや群生しています。その白い花びらに思わず、「綺麗かなー」などと声が出てしまいます。大川田川沿いの少し山深い場所です。
種子島でも少ない植物かもしれません。今が見ごろです。見る価値あります。
サツマシロギク

サツマシロギクは、やや日当たりの悪い場所で生えています。2015年は、残念ながらサツマシロギクを見かけませんでした。ほかの植物の勢いで見当たりません。

サツマシロギクの花

道路際にも生えており、花を密に咲かせています。蜜に花を付けているので、枝垂れるように生えています。

サツマシロギクの花

サツマシロギクの花びらの直径は、約2センチです。大きい花ではありません。

サツマシロギク群生

シダ類やツワブキの花の間で、純白の小さな花を密に咲かせています。

サツマシロギク群生

山間部のやや日当たりの悪い場所で、晩秋に白い花を咲かせてくれます。

2013.12.27〜