1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 11月の草花>
  4. タネガシマアザミ
【科名】
キク科
【和名・別名】
種子島紫薊 Cirsium tanegashimense
【撮影日時】
2011年11月26日(土)/11時56分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市古田村之町旧県道沿い
【名前の由来】
種子島にしか自生していないので付けられています。
【コメント】
種子島にしか自生していないアザミです。普通のアザミに比べて、葉が細いことです。
それと、写真でも分かるとおり、葉の先端は鋭く尖っているのも特徴です。近づく場合は、刺されないように注意が必要です。
タネガシマアザミは、やや日当たりの悪い場所で、まばらに見かけます。種子島では、ごく普通に見かけるものではなく場所が限られています。
タネガシマアザミ

タネガシマアザミの花期は、9〜11月です。草丈は、80〜90センチです。やや湿っぽい日当たりの悪い道沿いに生える多年草です。

タネガシマアザミの花

タネガシマアザミの頭花は、直径約4センチです。花は、薄紫色です。

タネガシマアザミの花

タネガシマアザミの特徴は、葉の先端が鋭く尖っていることです。写真でも確認できると思います。近づく場合は、要注意です。

タネガシマアザミの花

全般的に横向きに花を咲かせています。

タネガシマアザミの茎・葉

葉は対生し、葉腋から頭花を咲かせます。また、茎や葉には、短い白い毛が多くあります。やや全体的に白っぽく見えます。

2013.12.21〜