1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 11月の草花>
  4. ヒカゲイノコズチ
【科名】
ヒユ科
【和名・別名】
日陰猪子槌/別名イノコズチ
【撮影日時】
2015年11月27日(金)/14時40分〜15時12分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市住吉灯台付近
【名前の由来】
***
【コメント】
一般的に、ヒカゲイノコズチの花期は、8〜9月といわれています。種子島では海岸付近の日陰などでよく生えています。
写真の場所は、海岸に通じる小さな道沿いで咲いているものを写したものです。ヒカゲイノコズチの花期は過ぎていますが、場所によって種子島では、まだまだ観察できます。
ヒカゲイノコズチ

ヒカゲイノコズチは、やや湿っぽい草むらで大きな群れをなすことがあります。特に海岸近くの道沿いで群生しています。

ヒカゲイノコズチの花穂

ヒカゲイノコズチの花穂です。花序の軸に下向きにぴったりくっつくのが特徴です。

ヒカゲイノコズチ

ヒカゲイノコズチの葉は、5〜15センチの長楕円形です。先端部は少しとがっています。

ヒカゲイノコズチの茎・葉

茎は、葉腋付近からよく枝分かれします。その分岐点周辺は紅色になっています。枝の先端部に総状花序をつけています。

ヒカゲイノコズチの群生

開花時期は、8〜9月です。時期を過ぎているので、場所によっては、全体的に褐色に色づいて見えます。高さは、60〜70センチです。

2013.12.15〜