ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 11月の草花 > アシ

【 草花の諸データ 】

【科名】
イネ科
【和名・別名・学名】
葦/Phragmites communis
【撮影日時】
2015年11月16日(月)/12時32〜42分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市古田中之町川脇川支流沿い
【名前の由来】
***

【 生態状況 】

池、沼、川沿いなどで普通に見かけ多年草です。夏にはなくてはならないもののひとつに葦簀(よしず)がありますが、実はこの葦で作られています。

写真の如く、通常、群生しており、高いものは3メートルに近いものもあります。川岸や川の中まで生えています。

アシの花言葉は、「音楽」だと言われています。なるほど、程よい風が吹くと、付近がざわめいて自然に奏でる音が出てきます。

アシは、日当たりのよい川岸などに生える高さ1〜3メートルの多年草。開花時期は、8〜11月です。地下茎で増え続け、大群落を形成します。

アシの穂

花序は、長さ20〜40センチほどの大きな円錐状で、淡い紫色の小さな穂を密につけています。風が吹くと、細かな穂が飛んでいきます。晩秋の川岸がざわめいています。

アシの茎

アシの茎は、見た目は竹とほとんど変わりません。濃い紫色になっていることもあります。葉は互生し、長さ20〜50センチくらいです。

アシ
川に自生したアシ

場所によって、川の中や川岸などに根付いています。そのせいで川幅が狭くなったりします。大雨が降ったりすると、アシの群生で、川が氾濫する原因にもなります。

2013.12.15〜