1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 8月の草花>
  4. カエデドコロ
【科名】
ヤマイモ科
【和名・別名】
楓野老 Dioscorea quinqueloba
【撮影日時】
2016年8月31日(水)/11時02分〜11時05分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市古田二本松道沿い
【名前の由来】
***
【コメント】
道路沿いの雑木林で、カエデドコロが花を咲かせています。カエデドコロは、山芋に大変似ているつる性の植物です。
黄褐色の花を無数に付けて群れて咲いているのです。市道、農道、県道など山間部を走ると、車窓からもよく目に付きます。
子供の頃、山芋採りに行って、よく間違えたものです。それほど素人なら一度くらいは間違うのです。
カエデドコロ

カエデドコロは、里山の道沿いで普通に見かけます。根は、肥大して横に這い、茎は長く伸びて、他の樹木に絡みつきます。

カエデドコロの画像

葉は、互生で3裂します。なかには、掌状に5〜9裂しているものもあります。長さは12センチ以内です。

カエデドコロ黄色の総状花序の画像

写真は、カエデドコロの無数の黄色の小さい花です。花期は、7〜10月です。車窓からも確認できます。

カエデドコロの群生・総状花序の画像

葉腋に総状花序をつけ、雌花序は垂れ下がり、雄花序は、横向きに出て、先が垂れます。花は黄色で小さい6弁花です。

カエデドコロの群生した画像

山間部のカエデドコロの群生です。四方八方に伸びきって無数の花をつけています。

2013.12.17〜