1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 8月の草花>
  4. キンミズヒキ
【科名】
バラ科
【和名・別名】
金水引
【撮影日時】
2011年8月20日(土)/14時18分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市現和武部農道沿い、国上581号線沿い
【名前の由来】
***
【コメント】
現和武部の農道沿いで撮影したキンミズヒキです。花びらは黄色の5枚で、密についています。
全体的に毛が密生しています。花は小さいですが、近くで見ると大変かわいい花です。
写真でも分かると思いますが、先端の開花が進むと、次第に枝垂れていくのが特徴です。
キンミズヒキ

キンミズヒキの花期は、7〜10月です。里の農道の道端で生えていることが多いです。背丈は、高いもので80センチはあります。

キンミズヒキの花の画像

茎はよく分岐して、その先端部に、花は黄色で、直径0.8〜1センチの5弁化の総状花序をつけます。

キンミズヒキの萼片の画像

すでに、開花が終わり、萼片はかぎ状になっているものもあります。

キンミズヒキの茎・枝

茎から枝は互生して分岐します。茎や枝には白い毛が多く生えています。

キンミズヒキの黄色の花多数の画像

葉は、奇数羽状複葉で、縁には鋸歯があります。小葉は5〜9個の大小です。また、葉の裏には腺点があります。

最近は、キンミズヒキをあまり見かけなくなりました。【平成19年9月22日撮影】

2013.12.17〜