1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 8月の草花>
  4. センニンソウ
【科名】
キンポウゲ科
【和名・別名】
仙人草 Clematis terniflora Clematis
【撮影日時】
2011年8月13日(土)/9時32分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町衣之平広域農道沿い、西之表市古田番屋峯、西之表市現和武部
【名前の由来】
花柱が仙人のひげに似ていることからつけられたといいます。
【コメント】
センニンソウは、日当たりのよい場所に咲いています。花びらは全体的に純白です。つる性で他の物に絡みついて伸びています。
写真のごとく、花びらを密集させてつけています。また毒をもっているようですので、くれぐれも注意が必要です。
真夏の道沿いで、普通に見かける草花です。
センニンソウの多数の花

センニンソウは、日当たりのよい道端や林の縁でよく見かけます。花期は、8〜9月です。暖地種子島では、7月に開花しています。

センニンソウの多数の花

花の直径は、2〜3センチで、花びらは4枚です。多数の雄しべが目立ちます。

センニンソウの多数の花

花びらには、昆虫が近寄ってきます。特にこの時期は、ハチが多数蜜を吸っています。

センニンソウの多数の花

通常、日当たりのよい道端、林の縁付近に生えるつる性の半低木です。葉腋から花柄を出し、皿に分岐してその先端部に花序をつけ白い花を咲かせます。分岐点から4〜6個の花柄を出しています。

センニンソウの多数の花

花のあと、白くて長い毛のある花柱が残ります。花は十字形に開いて見えます。ほかの樹木に覆いかぶさるように無数の花をつけるので目立ちやすいです。

2013.12.27〜