1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 8月の草花>
  4. ヒメヤブラン
【科名】
ユリ科
【和名・別名】
姫藪蘭 Liriope minor
【撮影日時】
2016年8月27日/10時32分〜10時45分
>【撮影場所】
鹿児島県西之表市鞍勇市道沿い
名前の由来】
***
【コメント】
ヒメヤブランは、海岸地域や山間地域でも咲いています。日当たりのよい道沿いの土手付近で見かけます。
また、湿り気のあるコケの生えた場所で咲いていることが多いです。
花びらは薄い紫色で大変小さく、茎もかなり細いです。花の下に果実のような種子がついています。
ヒメヤブラン

ヒメヤブランの花期は、7〜9月です。日当たりのよい草むらなどに生えています。しかも、苔が生えている場所です。

ヒメヤブランの花

ヒメヤブランの薄紫色の花です。花被片は6枚で、直径約1センチです。

ヒメヤブランの花

ヒメヤブランの高さは、10〜15センチです。茎より葉の方が長いのが特徴です。

つぼみのヒメヤブランの画像

道端の土手付近に生える多年草です。葉は、長さ10〜20センチで細い線形です。花茎の先端に総状花序をつけます。写真ではつぼみです。

まばらな間隔で生えているヒメヤブランの画像

道沿いの土手付近では、まばらな間隔で生えています。

2013.12.15〜