1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 8月の草花>
  4. ツルラン
【科名】
ラン科
【和名・別名】
鶴蘭/ツルラン Calanthe triplicata
【撮影日時】
2015年8月22日(土)/9時04〜26分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市内山中
【名前の由来】
花の形が鶴の模様に似ているため付けられています。
【コメント】
真夏の暑い時期に、種子島の山の中で、ツルランが満開を迎えています。ツルランは、雑木林あるいは、杉林で日陰のやや湿っぽい場所で、オナガエビネとともに自生しています。
ツルランは、絶滅危惧植物に指定されており、種子島はツルラン自生の北限にあたります。
場所によっては、背丈も50センチを超える見事なツルランも見ることがあります。
ツルラン

ツルランの花期は、7〜8月です。日当たりの悪い杉林の中で、純白の華凜な花がひときわ目立ちます。

ツルラン総状花序・花

純白の花の中央付近にオレンジ色の突起があります。花は、象げ色に変色しているものもあります。

ツルラン総状花序・花

オナガエビネに比べて、自生はほんとに少ないです。よほどの環境がないと、見る機会がないでしょう。

ツルランの画像

花が咲いていないと、オナガエビネと区別が全くつかないほど葉の形も同じです。葉は、長さ20〜 50センチ、幅は8〜15センチの長楕円披針形です。

ほかのエビネと混在して生えているツルランの画像

場所によっては、オナガエビネと混ざって咲いていることもあります。背丈は、30〜 80センチで、花茎の先端部に総状花序をつけ、白い花を多数つけています。

平成25年8月22日(木)、西之表市内の山中で、真夏に華麗な花を咲かせたツルランの美しい風景を収録しています。
なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。
種子島の山中で真夏に華麗な花を咲かせたツルランの美しい風景 鶴蘭 Calanthe triplicata

2013.12.21〜