1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 8月の草花>
  4. ヤマノイモ
【科名】
ヤマノイモ科
【和名・別名】
山の芋/別名ジネンジョ Dioscorea japonica
【撮影日時】
2010年8月21日/15時48分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市古田鹿之峯・十三番・下西鞍勇
【名前の由来】
***
【コメント】
夏になると、山間部で、ヤマノイモの花が咲いてきます。一般的に、里山の杉林や雑木林に生えるつる性の多年草です。やがて、葉の脇にムカゴをつけ、晩秋になると、このヤマノイモ取りが多くなってきます。
種子島では、ヤマノイモのことを単にヤマイモと呼んでいます。ツルが伸びて、白い花をたくさん咲かせており、場所によっては、車窓からも確認できます。
開花したヤマノイモの雄花の画像

開花時期は、7〜8月です。写真は、雄株です。葉は対生し、長さは5〜10センチの三角状披針形です。葉柄の部分は大きなへこみがあります。先端部はやや尖ります。

ヤマノイモの果実、雌花の画像

雌株と雄株があり、秋になると、雌株の果実が熟してきます。気温の低下とともに、次第に茶色に色づきます。【平成22年10月9日撮影】

ヤマノイモの果実、雌花の画像

秋の頃、雌花の一部も残っています。雄花と形状も変わっているのが分かります。ほかの樹木に絡みつき、青い果実を多数つけています。【平成22年10月9日撮影】

葉が茶色に変色したヤマノイモの画像

晩秋になると、気温の低下とともに、葉が茶色に変色し始めます。完全につるの茎だけ残ると、芋も成長しています。この頃になると、ヤマイモ掘りが多くなってきます。【平成22年11月21日撮影】

ヤマノイモの冬枯れ景色の画像

真冬の枯れ景色です。種がたくさん付いているのが分かると思います。山野で目立つ果実です。【平成22年1月1日撮影】

2013.12.21〜