1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 8月の草花>
  4. ダイサギソウ
【科名】>
ラン科
【和名・別名】
大鷺草 Habenaria dentata
【撮影日時】
2009年8月28日/8時40分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市安城二本松県道沿い
【名前の由来】
***
【コメント】
西之表市安城二本松県道沿いに生えているダイサギソウです。草むらの中に生えているので、あまり目立ちません。
草花の背丈は25センチ前後です。花びらは純白で、鳥のサギの形をしているのが大きな特徴です。
写真でその様子が分かると思います。種子島にも珍しい草花が生えているのですね。
このダイサギソウは、絶滅危惧植物になっています。大変貴重な植物です。
ダイサギソウ

ダイサギソウの花期は、8〜10月です。日当たりの良い湿った草地や林縁に生える多年草です。写真のごとく、道沿いの草むらで咲いていたものです。

ダイサギソウ総状花序・花

花びらが、大きなサギの形をしており、種子島でも珍しい草花でした。

ダイサギソウの花

近年になって、毎年この地に来て、自生しているか確認していましたが、2016年現在、姿は全くありません。完全に絶滅したようです。

ダイサギソウの茎

写真は、ダイサギソウの茎です。ほかの野草とともに草むらに生えているので、ほとんど目立ちません。茎は、直径3ミリほどです。

ダイサギソウの茎・花

茎の中部以降に総状花序をつけ、花茎約2センチのサギの形をした花を咲かせています。

2013.12.21〜