1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 4月の草花>
  4. キツネアザミ
【科名】
キク科
【和名・別名】
狐薊 Hemisteptia lyrata
【撮影日時】
2017年4月5日(水)/10時29分〜10時47分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町増田中之町道沿い
【名前の由来】
まがい物のアザミということで付けられています。
【コメント】
日当たりのよい道端、畑などで普通に見られる越年草です。日本には、古代農耕(ムギ栽培)栽培とともに渡来したといわれ、史前帰化植物の一つとされています。
頭花は薄紫色で、直径約2センチ前後、1本の茎に何個か花をつけています。
キツネアザミ

キツネアザミの開花時期は、通常、5〜6月です。草丈は、高いもので90センチです。畑では、やや大型の雑草です。

キツネアザミ頭花

茎からよく枝分かれして、その先端部に頭花を1個上向きにつけます。直径約2センチの紅紫色です。

キツネアザミ茎・葉

茎と葉です。葉の付け根付近は白っぽくなっています。葉は柔らかく、羽根状に切れ込んでおり、形も定まっていません。

キツネアザミ開花前

写真は、開花する前の状況です。つぼみで頭花の柄も短いです。成長するにしたがい柄が伸びていきます。

キツネアザミ畑で群生

写真は、畑の土手付近で群生しているものです。背丈もまちまちです。畑では大型の雑草です。

2013.12.17〜