ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 9月の草花 > ヘクソカズラ

【 草花の諸データ 】

【科名】
アカネ科
【和名・別名】
屁糞蔓/別名ヤイトバナ・サオトメカズラ Paederia scandens
【撮影日時】
2009年9月23日/11時31分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町納官春田、西之表市国上湊農道沿い
【名前の由来】
***

【 生態状況 】

ヘクソカズラはつる性で、日当たりのいい場所でよく見かけます。花びらは、全体的に白いですが、中心部は赤紫色をしています。そのままでは臭いはしません。

しかし、花びらをちぎって嗅いでみると、独特の臭いがしてきます。開花した状態も綺麗ですが、何といっても真冬になると、枯れた状態の色づいた果実が素敵です。

その乾燥した状態を飾っておくのもいいものです。

ヘクソカズラの花期は、8〜9月です。全般的に日当たりのよい通常の薮、土手付近、草地などで普通に見られるつる性の多年草です。

ヘクソカズラの花序

葉腋から花序を出し、白い花を多くつけます。花冠の長さは約1センチ、直径は6ミリです。中心部は、鮮やかな紅色です。【平成18年9月23日撮影】

ヘクソカズラの褐色の果実

ヘクソカズラは、晩秋を過ぎると、急速に葉が枯れてしまいます。その頃になると、果実が茶色に変色してきます。【平成23年12月23日撮影】

ヘクソカズラ
ヘクソカズラの冬景色

冬になると、冬枯れの素晴らしい光景を見ることができます。カズラは、飾り物に最適です。

なお、褐色の果実は、直径約5ミリの球形です。【平成23年12月23日撮影】

2013.12.15〜