1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 6月の草花>
  4. イタドリ
【科名】
タデ科
【和名・別名・学名】
虎杖/Reynoutria japonica
【撮影日時】
2007年6月9日/12時45分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市古田村之町
【名前の由来】
***
【コメント】
イタドリは、通常、道端で見かける多年草です。夏から秋にかけて花を咲かせます。
道端では、やや大型の雑草です。種子島は、暖地なので、1ヶ月以上も早く開花します。
若い茎は食べられ、また、根茎を乾燥したものは虎杖根と呼び、痛み止めや下剤に用いられています。道路沿いで見かけるイタドリです。
イタドリ

イタドリの花期は、6〜10月です。高さは、60〜70センチですが、これから成長し、1メートルを超える大型になります。

イタドリ花序

花は、葉腋から枝を出し、その先端部にかけて小さな花を密につけます。

イタドリ花序・葉・茎

写真は、秋のイタドリです。この頃が最盛期です。ほぼ一面に白い花を咲かせています。【平成21年9月23日撮影】

イタドリ葉・茎・花序

茎は、赤みを帯び、葉は互生し、長さ6〜15センチで、卵形〜広卵形で先は尖っています。

阿蘇山のイタドリ

写真のものは、種子島のイタドリではなくて、阿蘇山のイタドリです。通常のイタドリに比べて、背丈が低いです。【平成22年9月4日撮影】

2013.12.15〜